ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年Q2のスマートフォン市場、Androidのフォークバージョンのシェアが全体に20%に達する(ABI Research調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ABI Researchが公開した2014年Q2のOS別スマートフォン世界シェアで、Androidのフォークバージョン・AOSPバージョンのROMを搭載したGMS(Google Mobile Services)認定を受けていないAndroidスマートフォンのシェアが全体の20%になったそうです。AndroidスマートフォンはGMSの認定を受けた端末と、カスタムROMやAmazon Fire Phoneに代表されるGMSの認定を受けていない端末に大別されます。通常、大手メーカーやキャリアから発売されるAndroidスマートフォンと言えば前者の方なのですが、後者のフォークバージョンが今や20%ものシェアを獲得しており、もはやスマートフォン市場における一大勢力になってしまいました。円グラグの「AOSP」がフォークバージョンのことです。2014年Q1と比較して全体は3%程度の増加だったのに対して、AOSPは前四半期から20%も増加しています。それでも通常のAndroid(Android OHA)の割合は全体の65%と圧倒的なシェアを維持していますが、前の四半期からの増加はAOSPを下回る13%。AOSPとAndroid OHAを合わせると2億7800万台(シェアは86%)でした。AOSPがAndroid OHAよりも成長していることについて、同社は中国とインドの端末メーカーが中国国内ではけではなく、アジアの新興市場にもフォークバージョンの端末を投入していることが大きな要因だと述べています。中国ではXiaomiやGionee、Meizuを始め様々なメーカーがフォークバージョンを採用しています。Source : ABI Reserch


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google検索で楽曲販売元を“Listen Now”ラベルでまとめて表示する新しい広告サービスをテスト中
HTC、豪州で「Desire 510」の発売を計画
LGがロシアでLシリーズIIIの新モデル「LG L60(LG-X145)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP