ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浴衣を着なくても。「一番かわいい♡」彼に言わせる花火デート服

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この季節のデートといえば、花火大会。真っ先に思いつくのが浴衣ですが、じっさい、花火大会って人が多くて、蒸し暑くて、浴衣をキレイに着こなすにはちょっと…というシチュエーションだったりも。
さらに、浴衣をまだ用意していない…という子も、結構多かったりしますよね。そこで、浴衣を着なくたって、彼の心をグッとつかむ花火デートファッションをご紹介しましょう。

しなやかで女性らしく、でも動きやすく


【Bitten Apple】スターフロッキーロングスカート(ブロンディ)、Kedsコラボ デッキシューズ(アングリッド)
浴衣のはんなりさに対抗(笑)すべく、ふんわりと揺れるロングスカートで勝負をかけてみましょう。コツは、カジュアル小物と合わせること。
カジュアル小物がしとやかさを強調してくれる効果もあり、さらになんといっても動きやすいのです。
地べたにすわって花火を見るなんて場面のときも、下着が見えたりすることなくスマートな立ち居振る舞いができるのが、ロングスカートの利点です。

女性らしい気遣い、忘れないで


裏毛/パーカー長袖(イング)、BACKリボン花柄/半袖ワンピース(イング)
海辺での花火大会などは、夜は少し冷え込むことも。そんなとき、サッとはおりをバッグから取り出すと、気遣いのできる女性だな〜と彼も感心。
ただきゃぴきゃぴとファッションを楽しむだけでない、こんなさりげない心遣い、彼は結構見ているものなのです。この子なら奥さんにしたいかも…なんて思われちゃうかも。
女の子らしさの感じられるデザインのはおりなら言う事なし。さらに、フラワー柄のワンピースなどでかわいさも忘れないで。

フットワークの軽さに、この子デキる!

2ベルトペタンコサンダル(ディスコート)、花柄キャミTOPS(ダズリン)
「ちょっと飲み物を買ってくるね」「屋台で焼きそばを買ってきてあげるよ」など、フットワークの軽さも、花火大会でのデキる女子アピールの決め手。
スニーカーもいいけれど、今年注目のコンフォートサンダルなら歩きやすさはもちろん、おしゃれさも抜群! 花火のシチュエーションにぴったりです。
トップスは花火を連想させる、鮮やかなカラーのふんわりキャミなんかいい感じですね。
浴衣の女の子が多いなか、自分らしさや気遣いなどの内面をアピールしちゃいましょう。それは、彼の心に深く残るはず。
そして、浴衣は花火以外のデートで披露して意外性をアピールする…なんていうのも、アリかも!
young couple watching the fireworks image via shutterstock
協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』


(グリッティ)記事関連リンク
大人キレイモード発動。今年マストなマキシワンピ3選
私をアゲる「プレミアムなファッション」まとめ
あなたはどう見られたい? 色で操る印象別コーデ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP