ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 801 2.5GHzプロセッサを搭載したMotorola XT1097がベンチマークアプリの公式サイトで発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ GeekBench Browserの公式サイトにMotorola未発表のスマートフォン型番「XT1097」を名乗る端末のテスト結果が登録されていました。XT1097はMotorolaの次期フラッグシップスマートフォン「Moto X+1」だと予想されている機種。これによくにた型番の「XT1096」の箱がVerizonの社内で発見されています。同サイトの情報によると、XT1097はAnroid 4.4.4(KitKat)、Snapdragon 801 2.5GHzクアッドコアプロセッサ、約2GB RAMを搭載しています。これらのスペック情報は過去に伝えられてた内容と同じです。スペック自体はハイエンドだと言えるのでMoto X+1である可能性は高いと思います。Source : GeekBench


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto X+1が米Verioznより9月25日に発売されるという噂
Galaxy Note 4はSnapdragon 805モデルも存在、QualcommはSamsungに対してプロセッサ単価を大幅に値引きして提供しているらしい
国内外キャリア初、米T-Mobileが自社端末のSIMロックを解除するAndroidアプリをGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP