ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実物大巨人に立体機動装置体験も!上野の森美術館『進撃の巨人展』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上野の森美術館で2014年11月28日から2015年1月25日にかけ開催される『進撃の巨人展』。
そのチケット先行販売が8月9日に開始されるにあたり、チケット販売の詳細及び、現在可能な展示内容が発表された。

 チケットは全日日時指定制となっているが、退場時間は指定されていない。グッズの購入には展示会のチケットが必要となる。

【関連:2014年冬、“巨人”が上野の森美術館を全館ジャック!『進撃の巨人展』開催決定】

 11月28日~11月30日の先行公開日に入場する為のチケットは8月9日14時からローソンチケットで先行抽選販売(http://l-tike.com/event_kyojinten)を開始。一般販売は8月30日10時から。
会期は前期:12月1日~12月31日まで、後期:1月1日から1月25日と分かれており、それぞれの一般販売開始は9月27日10時からとなる。


 開催概要や展示内容は以下のとおり。

【「進撃の巨人展」 開催概要】
■タイトル:進撃の巨人展(http://www.kyojinten.jp/

■会期:2014年11月28日(金)~2015年1月25日(日)

 先行公開日程:11月28日(金)・29日(土)・30日(日)
 前期日程:12月1日(月)~12月31日(水)
 後期日程:1月1日(木)~1月25日(日)
 ※休館日無し(年末・年始も開催)

■入館時間:

 ・1回目入場開始時間(最終入場時間) 10:00 ~( 11:30 )
 ・2回目入場開始時間(最終入場時間) 12:00 ~( 13:30 )
 ・3回目入場開始時間(最終入場時間) 14:00 ~( 15:30 )
 ・4回目入場開始時間(最終入場時間) 16:00 ~( 17:30 ) ※土日祝のみ
 ・5回目入場開始時間(最終入場時間) 18:00 ~( 19:30 ) ※土日祝のみ

■チケット料金

・前売りチケット 入場券
 一般・大学生 1,900円
 中学・高校生 1,400円
 4歳~小学生以下 900円

・当日チケット 入場券
 一般・大学生 2,000円
 中学・高校生 1,500円
 4歳~小学生以下 1,000円

・360°体感シアター“哮” 600円

・巨人展ツアー音声ガイド 800円  ※前売り・当日共に

■主要展覧会展示内容(現在公開情報)

●リアルスケール超大型巨人
原画展史上空前の造形展示。1分の1リアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化し、まるで物語の世界に足を踏み入れ、本物の巨人に遭遇したかのような恐怖を演出します。
立体的なオブジェクトだけが訴え得る迫りくる恐怖は、美術館を離れた後もいっそう印象深く、物語にリアリティーを与え続けます。

●生原画 + 諫山創 特別描き下ろし原画展示
諫山創の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる、生原画の展示を行います。
「進撃の巨人」の原画の展示は、本展が初となります。また、本展のために特別に描き下ろした画も同時公開いたします。

●オープニングシアター「上野、陥落の日」
入館後、一気に「進撃の巨人」の物語世界へと誘う、全身体感型オープニングシアター。
一人の “人類” である観覧者は、そこで初めて巨人と遭遇し、その恐怖と絶望を体験することになります。
映像、音声、振動などのギミックが観る人を刺激し、シアターを超えた体験を提供します。

●アニメ声優による音声ガイド
館内の展示をより深く楽しんでいただくために、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣録り下しの音声ガイドをご用意しています。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人(予定)。
人気のキャラクターと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドです。

●360°体感シアター“哮”
バーチャルに兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できる、『Oculus Rift』による360°の 3D シアターです。
最新の映像技術が「進撃の巨人」の物語空間を出現させ、実際にその場にいるような圧倒的な没入感を味わえます。現在の映像技術ではこれ以上ない、「進撃の巨人」の仮想現実空間です。

※Oculus Rift(オキュラス・リフト)
アメリカのオキュラス社が開発・製造したバーチャルリアリティー(以下 VR)のヘッドセット端末。

※音声ガイドと 360°体感シアター“哮”は、入場料と別に料金がかかります。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP