ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体を冷やす料理で酷暑対策目指す妻 毎晩冷めた料理を食卓へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、時計メーカー勤務のご主人(37歳)。料理は奥様(36歳)が担当です。

 * * *
「『医食同源』といって、寒い時は体を温め、暑い今は体を冷やす食事が大事なのよ」と妻。「具体的にいうと、食べ物はメロンやカニ、飲み物だとビールね」。これには僕も大賛成です。

 早速、翌日から「体の冷える食べ物」の献立になりました。その日、出てきたのはキュウリ、トマトに豆腐です。「ビール? 今日は冷たい緑茶を用意したから」。それからも、ゴボウ、ナス、レタス、ワカメ、ソバ等、体を冷やす食事が続きました。

「そのうち、カニやメロンが出てくるはずだ」と楽しみにしてたのに、1週間経ってもカニ、メロンはもちろん、ビールも出て来ません。そして次の週はカレーで、翌日も前の日の残りのカレー。調べてみると、カレーは体を温める食事です。

「おい! これで体が冷えるのか?」と聞くと「冷えてたでしょう。カレーもご飯も」。確かに冷えてたよ、お前が温めてくれないから!「だって、私たちが食べ終わった後に帰ってくるんだもん。温めなおすのって、面倒なの」

 体が冷える食事というより、冷えた食事を食べさせられる僕。ああ、妻の仕打ちに、体だけじゃなく、心も冷える僕なのです。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

【関連記事】
島田律子 冷え性対策にコップ2~3杯の日本酒を湯船に入れる
渡辺美奈代 カイロ背中に貼り胃腸の働きUPさせ手足も温かく
冷え症 末端型と内臓型の二つあるが内臓型の方がより深刻

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP