ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駐日米国人 オバマの元で働きたいと誰も言わぬと落合信彦氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 様々な地域で国際情勢が緊迫しているが、どこも解決しそうな見通しが立っていない。各国のリーダーたちも、どこか頼りない。これまで、何人もの世界のリーダーたちへのインタビューを経験してきた作家の落合信彦氏が、現在の世界の指導者たちの頼りなさについて解説する。

 * * *
 最近、私が痛切に感じていることがある。それは、世界の指導者が軒並み劣化しているという現実だ。オバマ、安倍晋三、フランスのオランド(大統領)、イギリスのキャメロン(首相)、そして習近平。だれひとり指導者としての強さや覚悟を感じないし、直接会って取材してみたいとも思わない。

 とりわけ、オバマの無能ぶりは、イラク情勢を見れば致命的である。よく、イラクについては前ブッシュ政権の問題だといわれるが、本質はオバマ政権にある。オバマは1期目の大統領選で、2011年までに米軍をイラクから撤退させることを公約に掲げた。当時、共和党は「あまりにも早すぎる」と非難の声を上げた。国内のテロ対策が不十分で、首相のマリキが無能であることもわかっていたからだ。

 その結果はどうだろう。いまやイラクの国土の多くはISIL(Islamic State in Iraq and the Levant、ISISとも言う)に占拠され、完全な無法地帯と化している。オバマの失態はそれだけではない。シリアの内戦やロシアのウクライナ介入についても何ら手を打たず、挙げ句の果てには同盟国であるはずの韓国大統領・朴槿恵が中国の習近平に取り込まれて会談しても、一言釘を刺すことすらできないのだ。

 オバマの目線は、ただ国内の支持率にしか向いていない。「世界の警察官」の役目を果たすつもりなど毛頭なく、面倒くさい外交問題は先送りするだけだ。私のもとには、大使館関係者をはじめ日本に住む多くのアメリカ人が訪れるが、その誰ひとりとして、オバマのもとで働きたいとは言わない。すでに彼らは、この弱すぎる大統領を完全に見限っている。

 アメリカのキニピアック大学世論調査研究所が7月に発表した全米世論調査によれば、オバマは全体の33%の得票を得て、「戦後最悪の大統領」に選ばれた(2位はブッシュの28%)。とりわけイラク情勢をはじめとする外交政策に関する支持率が37%と過去最低を記録している。

※SAPIO2014年9月号

【関連記事】
【ジョーク】イラン大統領「オバマ無能」への対立候補の反応
SAPIO人気連載・業田良家4コマ【3/4】「TPP後の世界」
【ジョーク】オバマ米大統領とプーチン・ロシア大統領の違い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP