体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蔑称から愛称へ?HKT48・指原莉乃の「ゲロブス」を秋元氏が強烈プッシュ

蔑称から愛称へ?HKT48・指原莉乃の「ゲロブス」を秋元氏が強烈プッシュ

HKT48のメンバーとして活躍中の指原莉乃(21)に、ネット上などでアンチ派からしばしば蔑称として浴びせられる「ゲロブス」というフレーズに、プロデューサーである秋元康氏が注目。強い関心を見せたことから、「ゲロブスが公式認定か」とアイドルファンを中心に、現在話題になっている。

8月6日放送のラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』に、指原と共に出演した秋元は、「ゲロブスってすごい発明だよね」などと発言。その後、番組内でも連呼し、「ゲロブスっていえば指原、っていうのを定着させたい」と語ったという。これを受けてネット上では、

「ゲロブス決定かよwww」
「懐深いなーw」
「さすがプロデューサー目線」
「ゲロブスがちょっとよく感じはじめているのも事実w」
「秋元マジック発動かw」

…と、どちらかと言えば、「ネタ半分」という認識ながらも、肯定的な意見が目立つ模様。

無論、それが俗称として大々的に「公式」となることはないかもしれないが、仮に秋元氏が、この「ゲロブス」を、単に蔑称という形で終わらせず、愛称とすることで、結果としてポジティブに捉えようという意図があったのだとすれば、なかなかの名采配ぶり。果たしてこの「ゲロブス」、今後、どのように扱われるのか、気になるところだ。

文・久保田太陽

■参照リンク
指原莉乃オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/sashihara-rino/ 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。