ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べ合わせで効果アップ! 夏バテを防ぐオススメメニューは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

連日、最高気温が30度を超え始め、食欲が減退気味……。食べたくなるのは、アイスやジュース、そうめんなど、冷たい物ばかり。

「食欲低下で冷たい物ばかりを食べていると、栄養不足やエネルギー不足で体力が低下。さらに、暑さで睡眠不足になると、ますます症状が悪化します。食で夏バテを改善するためのポイントを抑えておきましょう」と話すのは、織田栄養専門学校の校長、名倉千恵子さん。

そのポイントは次の通りだ。

1. 食欲がない日は、胃腸に負担がかからない消化のよいものをバランス良く摂る。具体的には、良質のたんぱく質(卵、肉、魚など)やビタミン(野菜や果物)、ミネラル(海草など)。

2. こしょうや生姜などの香辛料や、シソ、ねぎ、みょうがなどの香味野菜を使って、食欲増進を図る。

3. 冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂ると、胃腸の働きが低下して食欲不振に陥る。温かい食べ物や飲み物と合わせよう。

4. 炭水化物の代謝を助け、エネルギーを作るビタミンB1を意識的に摂取する。さらに、ビタミンB1の吸収率を高めるアリシンや硫化アリルなど、含む食品を一緒に食べると、より効果的。

5. 汗で水分やミネラルが失われるので、旬の野菜や果物で補う。

上記を踏まえたうえで、オススメするメニューがコチラ!

1. 豚キムチうどん
豚肉には多くのビタミンB1が、キムチの食材であるニンニクやニラには硫化アリルが含まれるので、疲労回復に効果的。唐辛子の辛み成分には、食欲増進の働きがある。

2. うなぎのちらし寿司
夏バテ防止の代表食材ともいえるうなぎもビタミンB1が豊富。ごはんを酢飯にすれば、酢の酸味で食欲アップ! そこにビタミンB1の吸収を助けるゴマをトッピングすると尚良し。

3.海老と枝豆、玉ねぎのかき揚げ
海老は高たんぱく低脂肪で、良質なたんぱく質といえる。枝豆のビタミンB1、玉ねぎの硫化アリルで夏バテを防ごう。さらに、油には、エネルギーアップの役割も。

ほか、「豚肉の冷しゃぶ」や「カツオのカルパッチョ」なども効率的に栄養補給ができ、疲労回復に一役買ってくれる。食欲がない→冷たい食べ物&飲み物ばかりを摂取→さらに食欲低下……の負のスパイラルにハマらないためにも、バランスのよい食事を心がけよう!

(南澤悠佳/ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
織田栄養専門学校
ウエストがホッソリ……!「週末断食」を実践してみた
そうめん研究家に聞いた! 飽きずに食べられるレシピ5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP