ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熱中症による死亡者数 高齢者の増加とは対照的に子供は減少

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熱中症での死者数に占める65歳以上の割合は2010年の記録で79%と高い数字を示しているが、高齢者だけが熱中症になるわけではない。

 かつて運動部に所属してグラウンドで汗を流した人ならわかるはずだが、「練習中は水を飲むな」と監督から水分補給を禁止されても倒れる部員はほとんどいなかった。最近はそんな悪習もなくなったのに、高校球児や陸上部員などが部活動中に倒れたというニュースは多い。

 この疑問に福岡新水巻病院・周産期センター長の白川嘉継医師が次のように答える。

「能動汗腺の数は生後2~3年までの温度環境に影響されるといわれ、温帯で生まれた日本人は230万個、寒帯では190万個、熱帯では280万個といわれています。日本では1980年代にクーラーが一般家庭に普及しましたが、それ以降に生まれた人の熱中症が増えているのです。

 現代の子供の汗腺数の調査データはありませんが、生まれた時から温度調整された環境で過ごしていると汗腺が少なくなってしまい、上手に汗をかいて体温調節することができずに熱中症にかかりやすくなっていると考えられます」

 では、今後ますます子供の熱中症患者が増えるのかというと、そうでもないようだ。大阪国際大学で体温調節を研究する井上芳光教授はこんな見方を示す。

「熱中症研究者の間で、現在のように冷房の効いた環境の中では昔に比べて子供の発汗機能の発達が遅れてきていると考える研究者もいます。しかしそれはあくまでも推論であって、昔の子供と今の子供を比べて暑さに対する耐性が弱くなっているというエビデンスはありません。むしろ熱中症の死亡者は、高齢者の増加とは対照的に子供は減っているのです」

 研究者たちは以前から水分補給の重要性を説き、熱中症の予防を訴えてきた。また、ここ20年くらいは各飲料メーカーの販売戦略によってスポーツドリンクの摂取が広がり、子供たちに熱中症予防策は浸透している。

「『観測史上、最も暑い夏』と称された2010年の熱波では1745人の方が亡くなりましたが、子供はほとんど含まれていません。これは子供が暑さに強くなったわけではありません。日本体育協会がガイドブックを作るなどして、教育現場でも啓蒙活動が徹底されたからです」(同前)

 各メディアで連日のように熱中症の猛威が報じられていると、子供の熱中症が減っているようには全く感じられないが、これは単に患者ではなく報道が増えたから。

「今ではテレビで気象予報士が過剰なくらいに熱中症の注意を呼びかけてくれるようになりました。かつては熱中症で倒れたくらいでは報道されることはほとんどなかったのに、啓発活動によって熱中症が認知され、報道が増加した。そのために熱中症で倒れる子供が多くいるような印象を与えているのでしょう」(同前)

 気象庁の予報によれば、8月から3か月間の気温は平年並みか平年より高くなる可能性が高いという。暑さに弱くなっている自らの体を自覚し、こまめな水分と塩分の補給で熱中症に用心を。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

【関連記事】
熱中症 注意すべきは急に暑くなる梅雨の合間や梅雨明け直後
ペットの熱中症 「スポーツドリンクが有効」と動物病院院長
売れ切れ続出熱中症対策ドリンクOS-1 本来脱水状態の病人用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。