ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「これは運命ではないでしょうか」 VAMPS、新曲を映画『ドラキュラZERO』に提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラキュラの起源とされた男、ヴラド・ドラキュラを、最新VFXを駆使した壮大なアクション・エンターテイメントに仕上げた話題の映画『ドラキュラZERO』が、10月31日より公開となるが、日本版イメージソングを歌う人気ロックバンド「VAMPS」と豪華コラボムビチケカードが数量限定で販売されるという。

VAMPSは、HYDE(L’Arc~en~Ciel)とK.A.Z(Oblivion Dust)の2人によって結成されたロックバンド。VAMPSの代名詞となった全国のZEPPにて連続公演を行う”籠城型ツアー”をはじめ、アリーナ公演、ラグーナビーチ等での野外公演、そして自身が主宰するハロウィンライヴイベントなど、多彩なスタイルのステージは世界中のファンを魅了し、2013年にはベストアルバム「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」の世界リリースを発表。欧米ツアー、英国ビッグフェス、DOWNLOAD FESTへの参戦と、その勢いは留まる様子を見せない。

バンド名は、HYDEがかねてよりヴァンパイア(VAMPIRE)好きだったことから名づけられ、これまでも数々のライブでヴァンパイア姿を披露していたが、そんなヴァンパイア愛溢れる彼らにこそ本作のイメージソングを歌って欲しいと配給が切望していたところ、彼らが新曲として制作を進めていた楽曲が偶然にも「VAMPIRE’S LOVE」である事が判明。運命的な出会いとなったこの楽曲には、ヴァンパイアの切ない愛や想いが込められており、国や愛する人のため、その身を悪に捧げるヴラド・ドラキュラの姿にもみごとに重なっていたことから、今回の楽曲タイアップが実現したそうだ。

VAMPSの二人は、「(俺たち)ヴァンパイアならではの、なんて悲しい宿命と切なさを曲にしましたので、聴いてください。偶然にも(この曲を作っていた)このタイミングでのヴァンパイアをテーマとした映画との出会い…これは運命ではないでしょうか」、とコメントを発表している。

『ドラキュラZERO』とVAMPSのコラボはこれだけにとどまらない。なんとビジュアルタイアップも実現!その第一弾として、8月8日(金)より『ドラキュラZERO』×VAMPSコラボビジュアルムビチケカードが、TOHOシネマズにて5000枚限定で販売される。超レア級ものとなるため、速攻で売り切れること必至!ぜひ欲しいという方は、劇場に走ることをお薦めする。

9月には別のビジュアルにてコラボムビチケカード第2弾が発売。さらに今後、ポスターやグッズも製作予定で、映画の公開に向けて様々なコラボが展開されるそうだ。

15世紀に実在した一国の君主であり、”ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラ。横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わす。だが、それと引き換えに耐えがたい代償を払うことに…。果たして、恐るべき悪と化してもなお英雄でいられるのか――。

『ドラキュラZERO』は10月31日(金)全国ロードショ―

(C)Universal Pictures

【参照リンク】
・『ドラキュラZERO』公式サイト
http://dracula-zero.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP