ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見た目はバナナ、食べ方もバナナ、なのに味はバナナじゃないアイス本格発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


暑い日がつづき、汗が噴き出すように出てくるこの季節。さまざまな種類のアイスが発売されており、味を連想させるようにパッケージにもこだわっているアイスは少なくない。そんななか、見た目を裏切る味わいのアイスが今年本格発売!

ネスレ日本は昨年、関東エリアの一部で発売し、話題となった「ネスレ バンナナ」(オープン価格)を今年は関東に加え、東北・関西などエリアを拡大し本格的に販売する。

「バンナナ」はバナナの形をしたラクトアイス。バナナの皮をイメージした外側部分は白ぶどう風味の黄色いゼリーになっており、切れ目が入っているのでバナナの皮をむくようにして食べることができる。

その”皮”をむくと現れる内側部分はバニラアイスで、バナナの形をしているのにバナナの味がしない意外性も、「バンナナ」の魅力である。

見た目と味が全く一致していない、意外性たっぷりの新感覚アイス。家族や友達にあげてみて、どんな反応をするのか見てみるのも楽しいかも!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP