ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾MUSIC×CULTURE! 『TAIWANDERFUL』(台ワンダフル) 間もなく開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾のPOPカルチャーが静かなブームを迎えている今、音楽を中心としたショーケースとともに、クリエイティビティの魅力を十分に発信するイベント『TAIWANDERFUL』(台ワンダフル)が、“超夏!超爽!超好台湾!!”をスローガンに抱え、8月15日(金) に恵比寿リキッドルームにて開催される。


【日本のみなさんへ】

台湾と日本の両国は、過去に共通の歴史認識があって、お互いに特別な感情を持っています。2つの国民の深い交流は、かけがいのない貴重な「縁」なのです。

私達は過去の歴史認識を共有するだけではなく、同世代の共通経験をもっとたくさん創りだすことが必要だと思います。

たとえば2013年のワールド・ベースボール・クラシックにおける、「台湾ー日本戦」の感動的な名勝負…これは私達若い世代の忘れられない記憶の一つとなりました。

『TAIWANDERFUL』とは、日本の仲間たちに台湾の素敵なミュージックシーンやカルチャーを紹介するイベントですが、音楽を通して同世代の台日友好経験をもっと創りだしていきたいという想いからスタートしました。

さぁ、みなさん…このイベントで、私たちと一緒に忘れられない夏の想い出を作りましょう!

By Freddy Lim(CHTHONIC)

【開催目的】

(1) SUMMERSONICの「ISLAND STAGE 〜ASIAN CALLING〜」に出演するバンドを日本で成功させたい。

(2) 音楽を中心に、映画、ファッション、雑貨、グルメ…などなど、台湾のポップでクリエイティブなカルチャーを発信し、その魅力を発信したい。

(3) 台湾名物の夜市(ナイトマーケット)のような雑多な面白さを表現して、その魅力とパワーを知ってもらいたい。

(4) 台湾をもっと好きになってもらいたい!

【開催理由】

台湾政府の支援のもと、2011年から多くのアーティストがサマーソニックに出演する機会に恵まれました。しかしながら、なかなか日本でその活動を認められるようなチャンスを得ることはできませんでした。フェスの出演をきっかけに、もっともっと日本でのマーケットを拡大したという理由からこの『TAIWANDERFUL』は企画されました。各アーティストのショウケースをはじめ、音楽のみならず台湾に溢れるポップカルチャーをまとめて情報発信するというスタンスをとることで、その魅力がより多くの人に伝わるようにデザインされています。そして、もっともっと多くの人に台湾の魅力を知ってもらいたい、もっともっと台湾を好きになってもらいたい!そんな思いのもと、この『TAIWANDERFUL』の開催が決定しました。

『台湾MUSIC×CULTURE TAIWANDERFUL(台ワンダフル)』概要
8月15日(金) 恵比寿リキッドルーム

■イベント・スタート

16:00〜 「カルチャー&台湾グルメ」エリア 入場無料

■ブース展開

・KKBOX JAPAN  ※フリートライアルカードの配布有

・LIP(日本と台湾をつなぐクリエイティブエージェンシー)

・台湾観光情報コーナー(台湾観光局/台湾観光協会提供)

・映画“KANO〜1931海の向こうの甲子園〜”

・映画“郊遊ピクニック”

・OPENちゃんグッズ販売

・出演アーティストCD販売

■トークショー

・タイワンダー☆エバラ健太さんショー

・OPENちゃん飾り巻寿司デモンストレーション

・丸屋九兵衛トークショー:我が街・台北を語る

・台湾の魅力&台湾映画トークショー

■飲食出店

・台湾担仔麺

・Mango ChaCha

■Showcase Live

※Showcaseのみ入場料が必要

・出演アーティスト:CHTHONICOUSTIC / 宇宙人 / APHASIA / LTKコミューン

・Open 18:00 Start 19:00

・チケット料金

前売:¥1,500(税込)+ Drink charge ¥500

当日:¥2,000(税込)+ Drink charge ¥500

※『Summer Sonic 2014』のチケットをお持ちのお客様はご呈示いただければ無料で入場できます。

【Showcase 出演アーティスト 紹介】

■CHTHONICOUSTIC (ソニックースティック formed by Freddy、Doris、Jesse、Dani、CJ)

その活動は、世界規模。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国をツアーし、日本でも絶大な人気を誇るCHTHONIC。今、世界が最も注目するメタル・バンドだ。今回は台湾の民族楽器二胡プレイヤーとのコラボレーションによりアコースティックバンドとしてこのイベントのステージに立つ。I

■宇宙人 (Cosmos People)

ファンク、ディスコ、ソウルなどブラックミュージックからの影響を、抜群のセンスと演奏力を武器にダンサブルでキャッチーなポップスに仕上げる台湾ポップスの逸材。

日本でもアルバムをリリースする注目のバンドだ。

■APHASIA (アフェイシア:阿飛西雅)

インストルメンタルでありながら、感情豊かに世界観を表現する叙情派ポストロック。その知的なサウンドは映画やCMでも起用されている。

■LTK コミューン (Loh Tsui Kweh Commune:濁水渓公社)

90年代から活動していしている、インダストリアル・ロックとフォークロック・エレクトロニカを融合した最も重要なロック・バンドの一つのである。

主催:台湾文化部影視及流行音樂産業局

企画制作:TAIWANDERFUL実行委員会

協力:台北駐日経済文化代表処・台北文化センター

後援:スペースシャワーTV

『TAIWANDERFUL』紹介映像
http://youtu.be/kSAjo9wRweI









(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
『TAIWANDERFUL』 Facebook
“あの花夏祭 in ちちぶ Final”開催決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP