ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【iPhoneユーザー向け】充電器と外付けバッテリーが合体した「NomadPlus」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どこへ行くにも持ち歩くスマートフォン。便利な一方で、電池の消耗が早いのが難点だ。外出時に充電ケーブルを持ち歩く人もいるだろう。そして外出時間が長い場合には外付けバッテリーもバッグにしのばせることもあるかもしれない。

そんなiPhoneユーザーに便利そうなのが、このほどプレオーダーが始まった「NomadPlus」。充電器と外付けバッテリーが一緒になったガジェットだ。

iPhone付属の充電ケーブルは、コンセントに差し込む四角いプラグ部分と、端末につなぐケーブル部分の2つのパーツから構成されるが、NomadPlusは四角いプラグ部分とケーブルの間に介在させるものだ。

大きさは高さ4.75×奥行き4.75×幅2.77センチで、重さ60グラム。iPhone付属のプラグ部分より大きめにはなるが、それでも持ち運びは十分可能なサイズだ。そして大きいのはバッテリー機能があるからで、1500ミリアンペアが充電可能となっている。

1500ミリアンペアというと、iPhoneの70%の電池を賄うことになり、当座をしのぐのには十分な容量だろう。

このガジェットのポイントは、iPhone付属の充電プラグをNomadPlusバッテリーと一体化させるので、NomadPlusバッテリーの充電し忘れが防げること。独立したタイプの外付けバッテリーだと、使いたいときに充電していなかった!ということがあるが、自宅やオフィスで普段からNomadPlusを使っていれば、いざ外出するときにもフル充電されたバッテリーを持ち歩くことができるというわけだ。

現在サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は39ドル。発送は11月を予定している。

NomadPlus

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP