ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甘いのにさわやか! イタリア伝統酒で作る至福のひととき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1本あれば使いまわし度がハンパない、南イタリアの伝統酒「リモンチェッロ」。最近テレビなどでも特集されていて、いま日本でも人気が出てきています。

ビールや白ワインなどで割って飲めるほか、お酒好きじゃなくてもアイスやヨーグルトなど、デザートをもっとおいしくかわいくアレンジできる、マルチアイテム!

9割が甘党といわれるイタリア人のように、リモンチェッロで、夏の食後を甘い至福のひとときにしてみませんか?

女性にうれしい美容効果

リモンチェッロは、日本でいう梅酒のような存在で、南イタリアではマンマの味として昔から親しまれている、甘いわりにさわやかな食後酒。

レモンの皮から作られるため、「レモンポリフェノール」がたっぷり。レモンポリフェノールには、抗酸化作用や脂肪吸収を抑える働きがあると言われています。

アルコール度数は30度。凍らないので、冷凍庫でキーンと冷やしたものを食後にストレートでいただくのが本場イタリア流。油っこい食事で重くなった胃をスッキリさせるそうです。

デザートだって少しリッチに

▲リモンチェッロ杏仁豆腐

スーパーで買った杏仁豆腐に、リモンチェッロをかけてみました。甘味とレモンのパンチが加わってアクセントになり、まるでお店で食べているみたいに満足度UP。

このようにソース感覚で、チョコプリン・ジェラート・ヨーグルトにかければ、一層おしゃれにおいしくいただけますよ。

お酒としては、ストレートやソーダ割りで飲むほか、ビールで割れば「リモンチェッロ・パナシェ」。牛乳で割れば「リモーラミルク」。なんだかオシャレな宅飲みができそう。

ネットではボトルデザインがかわいいものも入手できるので、ホームパーティの手土産にもgoodです。この夏はリモンチェッロで、イタリア人のように陽気に情熱的に食後を楽しんでみたいですね。

Summer image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
翌朝に顔がむくまない、大人女子のお酒の飲みかた
ハネムーンの語源にもなった「ハニーワイン」でとろける夜を♡
白ワイン片手に過ごす、カジュアルで贅沢な週末のススメ
仕事のもやもやは持ちかえらない。女性ひとりでもビールが飲めるカフェ
コーヒー代わりでもイケる! 甘いスイーツと相性抜群のお酒
出会いの春、リアルガールたちの恋愛事情♡
女の子の恋心って毎日変わるの。いまあなたの恋はどんなフレーバー?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP