ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「月」と「火星」のGoogleマップを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが地球の衛星「月」と太陽系の第4惑星「火星」のGoogleマップを公開しました。今のところ、どちらの星も人間が行くことは容易ではありませんが、公開されたGoogleマップを使えば月や火星の地形や地名を確認することができます。月はその自転と公転が同期しているため、地球からは裏側を見ることはできませんが、Googleマップなら裏側も見れます。赤い惑星の火星にはグランドキャニオンよりもはるかに大規模な渓谷のような地形があり、大昔には水があったと推定されています。27,000mで火星最大の火山 オリンポス山も有名ですね。極部付近の地表には氷のようなものが確認されており、その下には今でも生命体が存在しているのではないかと期待されています。月と火星のGoogleマップはWEBサイト版しか公開されておらず、Androidアプリでは表示できません。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
オウルテック、スマートフォンやタブレットなどの充電状態をLEDでチェックできる充電用Micro USBケーブル「OWL-CBJL-SP/U2Aシリーズ」を発売
Androidのマルチユーザー機能がAndroid “L”の正式リリース版でスマートフォンにも対応する見込み
Sony Mobile D6633/D6603(Xperia Z3?)、D5803(Xperia Z3 Compact?)、D2403(Xperia M2 Aqua)がロシアで認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP