ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽キャンパー売れ行き増 メーカー開発競争激化で魅力底上げ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高速道路や行楽地での渋滞にも強い、運転しやすくてガソリン代や維持費も安く済む……ホリデードライバーに人気なのが「軽キャンパー」(軽自動車キャンピングカー)だ。1台あると休日のライフスタイルが変わると愛好家が増えている。

「キャンピングカーなんて金持ちの道楽だろ。あんな図体の大きいトラックみたいなクルマ、日本の道路じゃもてあますだけ。だいいち、値段が高すぎる……」

 キャンピングカーに対してこんなイメージをお持ちの読者も多いだろう。たしかに、大きなベッドやキッチンにトイレ、シャワーまで備えたキャンピングカーは全長が6mを超すものもザラ。そして輸入車中心なので、価格も1000万円オーバーだ。国産車でも「キャブコン」と呼ばれるトラックベースのタイプは600万円前後、ワンボックスカーベースの「バンコン」タイプでも、400万円前後はする。

 ところが最近、「価格が安い」「維持費も安い」「運転しやすい」と、三拍子揃ったキャンピングカーが注目を集めているという。

「軽自動車をキャンピングカーに改造した、通称“軽キャンパー”が着実に売れ行きを伸ばしています。価格の安い軽自動車をベースにしているので、ベーシックな装備のモデルならば新車で200万円前後から購入できるのが最大の魅力です」

 そう語るのは、自動車専門誌やアウトドア情報誌などでクルマ遊びの記事を多く手がけているライターの櫻井香氏だ。

 氏によれば、軽自動車ベースのキャンピングカー自体は1990年代から存在していた。ところが、2000年代に入ってから売れ行きが急増したのだという。

「景気後退によってユーザーが低価格車志向になったこともありますが、1998年に軽自動車の規格が変わって室内のスペースが広く快適になり、また自動車メーカー間の開発競争が激化して、高級化など軽自動車の魅力が底上げされ、キャンピングカーのベース車両として十分な商品力を備えたことが、軽キャンパーが注目を集めるようになった大きな理由でしょう」(同前)

 また、日本オートキャンプ協会広報担当の境廣明氏はこう分析する。

「欧米のアウトドア文化で育まれたキャンピングカーは、“贅沢で夢のある乗り物”というイメージが強く、かつては大きくて高価なものが好まれていました。しかし、輸入車両を取り扱う専門業者が国産に力を入れるようになったため、日本の道路事情に合った、現実的な価格・サイズのものが増えてきました。軽キャンパーはその最たるものといえるでしょう」

 軽キャンパーが「安い」のは、購入価格だけではない。

「軽キャンパーの燃費は、13~15km/リットル。現在ファミリーカーの主流である5ナンバーサイズのミニバンは、ハイブリッドカーでもない限りせいぜい10km/リットルですから、ガソリン代が高騰している今、この差は大きい。さらに、軽貨物登録ですから税金も安い。

 商用ワンボックスを改造した4ナンバー(自家用軽貨物)登録車の場合、自動車税は年額4000円(2015年4月1日以降5000円)、重量税が6600円(24か月分)、自賠責保険は2万7240円(25か月分)。これがミニバン(エコカー減税非対象車)だと、自動車税は年額3万9500円、重量税が3万2800円(24か月分)、自賠責保険は2万8780円(25か月分)。維持費の安さも明白です」(前出・櫻井氏)

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

【関連記事】
安くても大人2人がラクに寝られる軽キャンピングカーが人気
ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」
安室奈美恵 独立騒動「黒幕」男性とお忍びツーショット目撃

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP