ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

糖の代わりに脂肪を燃焼する「進化系糖質オフダイエット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 抗加齢学の第一人者、順天堂大学大学院教授・白澤卓二さんらによって提唱された「糖質オフダイエット」がここ数年、大ブームになっている。それが今、さらなる進化を遂げているという。

 そもそも糖質オフダイエットとは、主食になっているご飯やパンの炭水化物や、砂糖などの糖質を制限してやせるというもの。男性の3人に1人、女性の3人に1人が肥満という時代。糖質を制限することで、血糖値も下がり、体重も減るという効果があり、広まっていった。その進化系が「ケトジェニック・ダイエット」だ。白澤さんが言う。

「この方法なら、運動をしなくても確実に、かつ健康的にやせられます。また、面倒なカロリー計算もしなくてよいため、手軽に始められます」

 そう、これこそが、他のあらゆるダイエットと一線を画す、画期的な点だ。

 私たちは、食事で摂った炭水化物や肝臓内にためられたグリコーゲンをブドウ糖に分解してエネルギーにする。「ケトジェニック・ダイエット」では、通常1日に200~300g摂っている炭水化物の量を制限して、糖質の代わりに脂肪をエネルギーにして燃焼していくというやり方。

「炭水化物や砂糖などの糖質をほとんど摂らないと、体内の脂肪が分解されて脂肪酸になり、さらに分解されて脳や筋肉でエネルギーとして使われます。つまり、糖の代わりに体にたまった脂肪がエネルギーの素となって、どんどん燃焼されるのです。そして脂肪酸分解のときに肝臓で出てくるのが『ケトン体』と呼ばれる物質です。ケトン体は糖尿病が悪化すると出てくるため、これまで悪者扱いされましたが、健康体でも出てくることがわかりました」(白澤さん)

 ケトン体が増えるということは、いわば体内の脂肪が燃焼しやすくなっている証。体内で糖となるご飯が主食の日本人は、このエネルギー回路を活用できておらず、そのために太りやすくなっているというのだ。

 具体的には、総ケトン数が1000μmol/リットルを超えると、やせスイッチがオンになるという。

※女性セブン2014年8月21・28日号

【関連記事】
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
一時大ブームのダイエット法 考案博士116㎏判明で人気低下
「糖質が少ない食事なら、食べながら脂肪が燃える」と専門医

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP