ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさイチ』MCの井ノ原快彦 「コメントは全部アドリブ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2010年にスタートしたNHKの朝の情報番組『あさイチ』。「セックスレス」「ママ友トラブル」「母が重たい」など、40代以上の女性の声を取り入れた番組作りが話題を呼び、「週間高世帯視聴率番組10」の教育・教養・実用【関東地区】部門(ビデオリサーチ調べ)で1位を独走している。

 そんな『あさイチ』のなかで、女性の赤裸々な悩みに、“男代表”として絶妙なコメントをするのが井ノ原快彦さん(38才、以下イノッチ)。女の世界に口をはさむって難しいのでは? そこで、放送終了後のイノッチに突撃インタビュー!

「ん~、コメントに悩んだことはないな~」とイノッチ。台本がしっかりあるとか?

「いやいや、実は『あさイチ』では、リポーターがプレゼンする時の解説部分以外は台本がなくて、ぼくらのコメントはすべてアドリブ。そもそもVTRが終わった後、誰が映されて、誰にコメントを聞くかも、直前にカンペで知らされるから用意ができない。パッと映像が変わって、井ノ原さんどうぞ、なんて指示が出されて『え? 何も考えてないよ』っていうまま進む…」

 とてもそんなふうには思えない気の利いたコメントばかり。失敗はしないのだろうか。

「いや、よく失敗していますよ。生放送で撮り直しはきかないから。でも、周りが笑顔でフォローしてくれる。そんなゆる~い雰囲気があるんですよね。台本できっちり決められているのもいいけど、ぼくは朝から型にハマって緊張したくないタイプ。視聴者も気軽に見たいでしょ」

 実は、台本はもちろん、事前にどんな企画をやるのか、特集以外は大枠でしか伝えられていないという。

「だからこそ、新鮮な驚きがあって、それをそのまま言葉にしちゃう。例えば、料理コーナー『解決! ゴハン』の前に、サブキャスターの駒村多恵さんが寸劇を披露してくれるんだけど、その内容も秘密。きっとスタッフは、ぼくがどう反応するか考えながら作ってくれているんだよね」

 つまりは、視聴者と同じ目線ということ。

「案外それが大切なんじゃないかなと…。スタッフもぼくに視聴者目線のコメントを言わせるために、わざと教えない。それどころか、翌日以外の特集に至っては、何ひとつ知らされていなくて、明後日の特集は自分でホームページをチェックしているんです。まさに、いち視聴者!」

※女性セブン2014年8月21・28日号

【関連記事】
3行以上のセリフNG舘ひろし 橋田壽賀子の指名で長ゼリフ解禁
『あまちゃん』 細部にこだわりアキ高校入学式の天気も調査
『有吉くんの正直さんぽ』で有吉は「我々の想定と違う店に入る」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP