ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

I-O Data、Android / iOS両対応でWi-Fiにも対応した「CDレコ Wi-Fi」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

I-O Dataは8月6日、PC不要でスマートフォンやタブレットに音楽CDを取り込める「CDレコ」のAndroid / iOS対応の新モデル「CDレコ Wi-Fi(CDRI-W24AI)」を発表しました。発売時期は8月下旬。価格はオープン。前作の「CDレコ」はAndroidに対応した有線タイプのCDドライブだったのですが、CDレコ Wi-FiでiOS(iPhoneやiPad)に対応したほか、Wi-Fiによるワイヤレス通信でも利用できるようになったことが大きな違いです。Androidの場合はUSBケーブルで接続して利用することもできます。主な機能は次の通りです(Wi-Fi接続以外の点はCDレコと大差ありません)。音楽CDのリッピング音楽CDの作成音楽CD作成時の音量の平均化リッピング時の楽曲情報やジャケット写真の自動取得保存形式は「ロスレス圧縮」「高音質2(320kbps)」「高音質(256kbps)」「標準(128kbps)」「長時間(96kbps)」から選択可能。CDレコ Wi-Fiの利用にはGoogle PlayストアまたはApple Appstoreで無料配信中の「CDレコ」アプリを端末にインストールします。アプリにはCDレコ Wi-Fiと簡単にWi-Fi接続できる「QRコネクト」機能も搭載しています。CDレコ Wi-Fiの筐体サイズは137 x 152 x 22mm、質量は280g(電源アダプタ抜き)。I/FはUSB 3.0/2.0(コネクタはMicro-B)。取り出し口はトレイタイプです。読み込み可能メディアはCD-ROM(CD-DA)、書き込み可能メディアはCD-R/CD-RW。無線LANはIEEE802.11 b/g/n(2.4GHzのみ)に対応しています。Source : I-O Data


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、LG G3より少しコンパクトなG3ブランドの新型スマートフォン「LG G3 A」を発表
アディダス、心拍トレーニングにも使えるスポーツ・フィットネス用ウェアラブルバンド「miCoach Fit Smart」の日本モデルを8月15日に発売
Android版トリップアドバイザーがオフライン利用に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。