ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2014年Q2のインド携帯電話市場シェアで現地メーカー MicromaxがSamsungを抜いてトップに立つ、スマートフォンシェアではパナソニックはランク外

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CounterPoint Research社の調査結果によると、インドの端末メーカー Micromaxが2014年Q2のインド携帯電話市場シェアでSamsungを抜いて初めてトップに立ちました。スマートフォンの分野でSamsungは25.3%のシェアでトップをキープしていますが、フィーチャーフォンを含めた全体のシェアでは14.4%と、Micromax(16.6%)に抜かれてしまいました。Micromaxはスマートフォンの分野でも19.1%とSamsungに続き2位に位置しています。2014年Q1の携帯電話全体のMicromaのシェアは13%でしたが、2014年Q2は16.6%に大幅アップ。スマートフォンの好調ぶりが大きく影響したものと考えられます。スマートフォン分野の3位は現地メーカーのKarbonn(5.9%)、4位はMotorola(4.3%)、5位はNokia(4.0%)。我らがパナソニックもインドで複数のスマートフォンを発売しましたが、そのシェアはまだ4.0%未満のようです。Source : CounterPoint


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「TORQUE G01」と「ARROWS Tab FJT21」のソフトウェアアップデートを開始
Google、「月」と「火星」のGoogleマップを公開
スクエニがサマーセール第3弾を開始、FF 1 / 2 / 6など5アプリが割引価格で販売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。