ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スウィートボックス、エタニティに続く新プロジェクト「シンフォビア」が日本先行デビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スウィートボックス、エタニティに続く新プロジェクト「シンフォビア」が日本先行デビュー
スウィートボックス、エタニティをヒットさせた名プロデューサーGEO(ジオ)の最新プロジェクト「シンフォビア(SYMPHOBIA)」が、世界に先駆け日本でデビューを果たした。

プロジェクト名の由来は”シンフォニーとの融合”。既にクラシックをべースにした曲が10曲前後あり、チャイコフスキーの「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」そしてベートーヴェンの「運命」、バッハの「トッカータとフーガニ短調」そしてモーツァルトの「魔笛」といったクラシックの名曲が楽曲に取り入れられている。

そしてこのシンフォビアのヴォーカリストに抜擢されたのは、アフリカ系ドイツ人のアディーシャ。ドイツ人でフルート奏者である母とガーナ出身のミュージシャンである父を両親に持ち、子供の時から両方の音楽を体験し身に付けているシンガー兼ラッパーである。

本日8月6日にリリースされたばかりのファースト配信シングル「ブランニューデイ(Brand New Day)」では、クラシックのグリーグペール・ギュントより「朝」が使用されており、”誰もが経験するような人生の浮き沈みの中でも、雨が上がれば太陽が顔を出す。悪い日の後には必ず良い日が来る”と歌われている。

シンフォビアは今後、年内に配信限定で2作品をリリース。さらにアルバムの発売も予定しているとのこと。今作「ブランニューデイ」に続き、どのような”クラシック・ミーツ・ポップ”サウンドが今後生みだされるのかに期待が高まるところだ。

【参照リンク】
・ SYMPHOBIA オフィシャル・サイト
http://avex.jp/symphobia/
・「ブランニューデイ(Brand New Day)」(Lyric Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=VifPMxfUSes

■ 関連リンク
オバマ就任式でもDJ アメリカに「リア充の神」みたいなDJがいた!その凄すぎる経歴
超絶大ヒット中『her 世界でひとつの彼女』、カレン・Oの音楽がスゴい!
きゃりーぱみゅぱみゅ、3rdアルバムが世界4大陸でCD同時発売!

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。