ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セブン-イレブンのコーヒーはレギュラーサイズのカップにラージサイズが入る? 検証した結果!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


セブン-イレブンのコーヒーは美味しいと評判でそのわりに100円や180円と安価。人気はやはり安価な値段だろう。しかしレギュラーサイズなら100円で買えるがラージサイズだと180円になってしまう。

そんなレギュラーサイズにラージサイズボタンを押しても入ってしまうのだ。そんなウワサがネット上で囁かれており、実際に検証してみた。しかし、検証するといっても不正に買い物をするわけにはいかないので、ちゃんとラージサイズ分の値段を購入。

つまりレギュラーサイズとラージライズの2つを購入し、逆に入れれば問題ない。店員さんにも了承を得て決行。セブン-イレブンではアイスコーヒーのカップだけを冷凍コーナーで販売しており、それをレジに持って行き先に会計。その後にドリップコーナーでセルフで入れるシステムだ。店によりドリップの台数は異なるがだいたい2台くらいは置いてあるだろう。ボタンを押してから出てくるまで約1分間。

そんなわけでレギュラーサイズのカップを設置しL(ラージ)のアイスコーヒーボタンを押してみる。ドリップが開始されコーヒーが作られているようだ。実際にコーヒーが抽出されラージサイズ分のコーヒーがカップに入っている。ドリップが終わると、無事あふれることなく完了となった。

このままラージサイズのカップにラージサイズのコーヒーを入れると不正になるので、こっちにはレギュラーサイズのコーヒーを入れて帳尻あわせ。

じゃあなんのためにRとLがわけているのかという疑問が生まれるが、POSの関係上どっちカップの売り上げが多いとか把握する必要があるのだ。また客に手にとって分かりやすい大きさにしているという点もある。両方が同じ大きさだったら戸惑う客も出てくるはずだ。レギュラーのカップに入ると量が一緒じゃないのかと思われるが、当然量はRとL分の差(80円分)あるのでご安心を。

今回紹介したレギュラーカップにラージ分の量を入れるのはあくまでちゃんと会計を払った上での検証。レギュラーしか払っていないのにラージライズを抽出すると不正、下手すれば万引き行為になるのでくれぐれも真似しないように。

ちなみに、店員さんに話を聞いたら押し間違えるお客さんが結構いるそうだ。その場合は仕方ないのでそのままどうぞっていうことで。当然店舗や店員によって対応は異なる。

それにしてもセブン-イレブンのコーヒーうめえ!

セブン-イレブンのコーヒー原価が高すぎると話題に 意外と高かった?
http://getnews.jp/archives/468379


※記事内でも触れていますが意図的な不正抽出はやらないようにしてください。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP