ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが厳選! 話題のクラフトビールを飲み比べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビアガーデンやバーベキューなど、夏は、ビールを飲む機会が多い。「ビールなら何でもいい!」というのが本音だったりするが、今話題のクラフトビールのトレンドも押えておきたいところ。

そもそもクラフトビールって?

クラフトビールとは、独立した小規模な醸造所で造られている、こだわりのビールを指す。なので、日本の地ビールも立派なクラフトビールといえる。今、クラフトビールは世界的に大ブームで、米国ではビール市場の14%を占めているという(金額ベース)。個性豊かな銘柄が次々と登場しており、グルメ通を唸らせているのだ!

しかし、世界のクラフトビールは取り寄せが難しいため、種類がそろっており、テイクアウトできる店は国内にはまだ少ない。

プロがオススメするクラフトビール!

さて、さっそく試飲してみたいところだが、どのクラフトビールを飲めばいいのか素人にはサッパリ……。そこで、30種類以上ものクラフトビールを常備している(その場で飲んだり、気軽に購入できたりする)「GOOD MEALS SHOP」のオーナー・三浦武明さんにオススメのクラフトビールを聞いてみた。

Vuur & Vlam/de Molen(ブアー&ブラム/デ・モーレン)
原産国:オランダ
アルコール度数:6.2%

オランダの醸造所「デ・モーレン」の看板ビール。エレガントなシトラス系の香りと、トロピカルフルーツのボディ、爽やかな苦味が後をひき、いつまでも飲み続けたくなる味わい。

DEAD PONY CLUB/BrewDog(デッドポニークラブ/ブリュードッグ)
原産国:スコットランド 
アルコール度数:3.8%

スコットランドのビール界の革命児「ブリュードッグ」醸造所が生んだ、グレープフルーツのような香りとジューシーなボディを誇る、超爽快系アメリカンペールエール。アルコール軽めで喉の渇きを癒す最高のリフレッシュビールだ。

HADOUKEN/TINY REBEL(ハドーケン/タイニーレーベル)
原産国:ウェールズ
アルコール度数:7.4%

2012年始動ながら、国内の賞を総なめにし、世界的な注目が集まるウェールズの醸造所「タイニー・レーベル」のビール。パワフルな苦味とフルーティな香りが肉によく合うので、バーベキューなどに打ってつけだ。「ストリートファイター」のゲームに登場する必殺技・「波動拳」という名にふさわしい、パンチの効いたハイアルコールビール。ノックアウトされたクマのイラストがかわいい。

ディープなクラフトビールの世界を一度知ると、ホップの種類や醸造所の情報を徹底的に調べたくなってくる。「この泡立ちはなかなかいい……」なんて考えながら深夜にチビチビ飲んでも、仲間とワイワイ飲んでもおいしいクラフトビール。あなたの好みにぴったり合う銘柄も見つかるはずだ!

取材協力店
『GOOD MEALS SHOP』
東京都渋谷区東1-25-5 2F/3F
tel.03-6805-1893
営業時間  2F 12時~24時
      3F 12時~16時 18時~24時
定休日:日曜

(B面ばなな+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
GOOD MEALS SHOP
注ぎ方、温度、グラスがポイント 家で缶ビールをおいしく飲む方法
ひんやり爽やか! 夏にぴったりの手作りドリンク3連発

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP