ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドで15,000台のXiaomi Mi3がわずか2秒で完売、不満を持つ購入希望者にHugo Barra氏が謝罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小米科技(Xiaomi)は昨日、インドで2013年のフラッグシップモデル「Xiaomi Mi3」の第3次販売を行ったのですが、在庫の少なさが影響して販売開始からわずか2秒で完売したというのです。Mi3(インドではWCDMA版が販売されています)は、5インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 801 2.3GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、背面に1,300万画素カメラなどを搭載した2013年の機種の中ではハイエンドに属する内容なのですが、インドでは13,999ルピー(約23,000円)とリーズナブルな価格で販売されています。Xiaomiの発表によると、5日には現地のオンライン小売店 Flipkart独占で15,000台のMi3が販売されました。中国で販売される時には数万台~10万台用意されているので、今回の販売台数はかなり少ないと言えるのですが、完売までの時間は過去の最短記録を更新します。2秒で完売したことは、まさにあっという間の出来事だと言えます。インドでは35万人の方がMi3の購入予約を行っており、その大半がこの機会に購入できなかったことになりまs.このような事態にXiaomi GlobalのVPであるHugo Barra氏は、購入希望者に対して少数しか用意できなかったことを謝罪し、今後、このような事態にならないよう最善を尽くすと表明しました。第4次の販売は8月12日に行われる予定です。Source : Xiaomi IndiaBGR India


(juggly.cn)記事関連リンク
Motor 360の最新情報と画像、スタイリッシュなワイヤレス充電器が付属
Xperia C3は台湾で8月15日に発売、価格は9,900台湾ドル(約33,700円)
I-O Data、Android / iOS両対応でWi-Fiにも対応した「CDレコ Wi-Fi」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。