ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンホラ新曲『よだかの星』MVは全編アニメ―予約盤には『栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-』合唱譜も同梱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サウンドクリエーターRevoが手掛ける音楽ユニット『Sound Horizon』(以下、サンホラ)が10月1日に発売するニューシングル、『ヴァニシング・スターライト』収録の、新曲『よだかの星』のミュージックビデオが、史上初の全編アニメで制作されることが発表された。

 『ヴァニシング・スターライト』は、サンホラメジャーデビュー10周年記念作品の第2弾。今回は“現代日本”を舞台に、パラレルワールドに存在する新生バンド「VANISHING STARLIGHT」のメジャーデビューが描かれる。

 リード曲『よだかの星』は、宮澤賢治著書「よだかの星」にインスパイアされた作品。史上初となる全編アニメのミュージックビデオは、『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニング等を手掛けたアニメ制作会社「神風動画」が担当する。

【関連:Sound Horizon Revo誕生日にLINE公式アカウントが開設】

 カップリングには2006年のライブで初披露されて以来、ライブでしか聴くことのできなかった『Mother』が、新生バンド「VANISHING STARLIGHT」のカバーバージョンで遂に音源化。
そして3曲目には新曲『Interview with Noël』が収録される。

 なお、10周年記念の予約限定デラックス盤には、特典Blu-rayとして『よだかの星』のアニメミュージックビデオに、バンドスコアも特別付録として収録。サンホラの楽譜はこの10年の活動の中で一度も発表されることがなかったが、10周年記念として今作で初めて世に出ることとなる。

 他にも、ボーナストラックとしてこれまで音源化されることのなかったSound Horizon Kingdomの国歌とよばれる楽曲『栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-』がファン1,500人の斉唱で収録され、こちらの合唱譜も同梱されるなど、まさに完全保存版ともいえる豪華な内容。

 価格はCDのみの通常盤が1,000円税別、CDに『よだかの星』ミュージックビデオが付いた初回盤が1,800円税別、CDにBlu-ray、特典ブックなどがついた予約限定デラックス盤は10,000円税別となっている。

※画像はSound Horizon10周年アニバーサリースペシャルサイトのスクリーンショット。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP