ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadで本格的なDJ!タッチスクリーンに付けられる“つまみ”でリアルなミキシング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽の世界にも電子化の波が押し寄せており、何でもボタン1つで動作が完了するようになっている。とはいえ、ボタンを押すだけといった作業は味気ないものかもしれない。今では、バーチャルの楽器や電子装置を多用するようになり、iPadを使ってミキシングをおこなうDJたちも登場しているようだ。

オランダのスタートアップTweetonigが開発を手がけている「Tuna Knobs」は、そんなiPad DJ向けのツール。タブレットでありながら、従来のミキシングデスクのような感覚で、触れて操作できるようになるという。

「Tuna Knobs」のつまみは、一見すると既存のラジアルスライダーのようだが、底の部分に滑り止めが付いているのが異なる点。このつまみは導電性ゴムで作られており、iPadのタッチスクリーン上にくっつけて使う。それをスクリーン画面内に表示されている、つまみのコントロール部分に配置。すると、たちまちつまみがスライダーになり、つまみをひねって、実物のミキシングデスクのように、音量やミキシングを微調整できるというわけだ。

デジタルでボタン操作するだけの味気ないミキシングより、伝統的なミキシングデスクの使用感に近い、リアリティある正確なパフォーマンスが実現。もちろん、ミキシングの重い機材を持ち運ぶ必要もない。

「Tuna Knobs」は今のところ、Lemur、Korg iMS-20、iDJ2GOなどに対応しているという。現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを実施していて、1つ9ドルで予約購入が可能だ。手持ちのiPadで、よりリアルなDJ体験ができるようになりそうだ。

Tuna Knobs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP