ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極薄シートでスマホの熱中症対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真夏のうだるような暑さのなかでスマホを使っていると、突然フリーズやシャットダウン、再起動をした、あるいはモバイル電源で充電ができなかった…という経験はありませんか? それはもしかしたら、“熱暴走”が原因かも。言うなればスマホは手のひらサイズのパソコン。高温の条件下でCPUやメモリ、バッテリーをフル稼働させるような処理を行えば、本体がオーバーヒートして制御不能となってしまいます。 そんな時に試してみたいのがサンコーレアモノショップが取り扱う『スマートフォンクーラーパッド』。このシートはいわばスマホ用の簡易ラジエーター。熱がこもりがちなバッテリー部分付近に貼ることにより、およそマイナス5度ほどの冷却効果が見られます。この冷却効果を支えるのがグラフェンという炭素素材。蜂の巣状(ハニカム)に並んだ構造が、スマホの熱を効率良く拡散・放熱します。もちろん効果は半永久的。 また、1原子分の厚さしかないグラフェンを使っているため、製品としての厚さもわずか0.5mmと極薄。場合によっては、スマホ本体とスマホケースの間や、直接バッテリーに貼り付けることもできます。 ナビアプリなどで真夏もアクティブに過ごす際には、“スマホの熱中症”を防ぐこのグッズが役に立ちそうです。
(熊山 准)
(R25編集部)

極薄シートでスマホの熱中症対策はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
気温だけじゃない“暑さ”の要因
夏場の汗、拭きすぎに注意!?
寝苦しい夜を乗り切る快眠グッズ
熱中症は髪型で予防可能なのか?
ヤフー地図、熱中症情報配信

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP