ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コヴィア、Android 4.4を搭載したSIMロックフリースマートフォン「FLEAZ F5」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コヴィアは8月6日、Android 4.4(KitKat)を搭載したデュアルSIMスマートフォン「FLEAZ F5」を国内で8月下旬に発売すると発表しました。FLEAZ F5は、同社が新たに立ち上げたSIMロックフリースマートフォンブランド「FLEAZ」の第1弾モデル。5インチ960×540ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載し、デュアルSIMやBluetoothテザリングにも対応しています。OSには最新のAndroid 4.4(KitKat)を採用しています。端末には2つのSIMカードスロット(標準サイズとMicro SIM)があり、2枚のSIMカードを挿入できます。SIMの切り替えモードとして、「マニュアル」、「オート」、「スケジュール」が選択可能。「スケジュール」を選択すると設定した時間で利用するSIMカードを切り替えることができます。WCDMA+WCDMAでの同時待受には対応していないので、それぞれのSIMカードを使い分けて利用できるということになります。メモリは1GB RAM / 8GB ROM(Micro SD対応)、カメラは背面に500万画素、前面に30万画素を搭載。バッテリー容量は2,000mAhです。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(800/2100MHz)に対応。筐体サイズは141 × 72 × 9.2mm、質量は145g。Source:コヴィア


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、PlayStation MobileのAndoridにおけるサポートをAndroid 4.4.3で打ち切ると発表
Sony Mobileの新タブレット「SGP621」がインドネシアで発見される
ASUS Japan、国内で発売された「Fonepad 7 ME372CG」、「Fonpad 7 LTE ME372CL」、「Fonepad Note 6 ME560」のAndroid 4.4.2アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP