ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生活保護問題を題材にした社会派ミステリー 『金魚鉢の夏』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『金魚鉢の夏』樋口有介/新潮社/1836円

【評者】末國善己(文芸評論家)

 所得格差が広がり、低賃金で働く人の給与が、生活保護の受給額を下回る逆転現象が起こるようになった。その結果、生活保護への風当たりが強まっている。こうした社会問題を取り入れたミステリーが本作である。

 生活保護が廃止された近未来の日本では、生活費を稼げない人は「希望の家」という福祉施設に入る決まりになっていた。成績が優秀だったので、「希望の家」出身としては珍しく高校に進学した由希也が、夏休みを利用して帰省するところから物語は始まる。由希也は妹同然の蛍子と再会するが、そこに老婆の転落事故が起きる。

 これが普通のミステリーなら、警察か探偵が事件解決に乗り出すのだが、本書の舞台は、福祉を含むあらゆる予算が削られた社会。当然ながら警察も経費削減を迫られていて、被害者が重要ではない人物の捜査は、民間に委託されている。そのため、老婆の転落事件は、元刑事の幸祐と女子大生の孫娘・愛芽のコンビが担当することになる。

 ふたりの捜査によって、近未来の日本の状況が少しずつ明らかになっていくのだが、これがかなり凄まじい。

 生活保護の廃止で低賃金で働く労働者が増え、アジアに進出していた工場が国内に回帰し、日本は空前の好景気にわいていた。だが工場労働者の賃金は低く、持つ者と持たざる者との間で階層の固定化が進んでいた。厳罰化と犯罪者への権利縮小で犯罪が減ったため、多くの国民は一生低賃金で働き続けるか、衣食住は保証されるが自由に制限がある「希望の家」に入るかの選択を迫られているのである。

 タイトルの「金魚鉢」は、バケツで金魚を飼っている蛍子のために、由希也が買い与えたものである。狭い空間から出られないが、飢えることのない金魚は、将来に希望が持てず閉塞感に苦しむ由希也たちに重ねられており、同じような状況にいる若い世代も共感できるのではないか。

 景気も治安もよくなった日本だが、老婆の転落死を追う幸祐と愛芽は、誰も不満を持っていないように見える「希望の家」と、この施設を作り出した社会の矛盾を暴いてしまう。ここにあるのは、どれだけ社会が変化しても、人間の欲望と心の“闇”は変わらないというドライな認識だ。生活保護の縮小、犯罪の厳罰化を求める声が高まっているが、それが実現した先に楽園はあるのか?

 本書を読むと、日本はどんな未来を選択すべきかを考えさせられる。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
元官僚が生活保護は制度に問題あるも必要だと指摘した一冊
生活保護費バッシングに対し精神科医が真っ向から反論した本
高齢化が進み生活保護受給者が増えたドヤ街の現状を描いた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP