ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の期限切れ腐肉 相手が日本人なら食べさせたいとの感覚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 品質保持期限を過ぎた鶏肉製品やカビの生えたステーキなどを出荷していた中国・上海の米系食品加工会社「上海福喜食品」が、日本マクドナルドとファミリーマートに鶏肉ナゲットなどを納入していた問題は、日本の「食の安全」を大きく揺るがしている。

 今回の事件で、上海のテレビ局の映像には「(期限切れの肉を)食べても死なない」と言い放つ従業員の姿が収められていた。相手が日本人ならば「悪い物を食べさせていい」という感覚が、彼らの中にあったのではないか。

 さらにタチが悪いことに、中国では食品の安全を監視するはずの行政が、そうした不正に荷担しているのである。

 中国在住のジャーナリスト、西谷格氏は昨年5月、キツネ肉を羊肉と偽って販売された肉が、中国のチェーン系のしゃぶしゃぶ料理店に出回った問題について取材したところ、思わぬ目に遭ったという。

「キツネ肉を販売した疑いのある河南省の加工工場に話を聞こうとしたところ、警察を呼ばれ、パトカーでホテルの一室に連行されました。

 その後、公安局を名乗る警官をはじめ7人もの関係者から取り調べを受け、『記者証もなく取材するのは違法行為だと知らなかったのか』など矢継ぎ早に聞かれ、答えあぐねると『すぐに答えろ!』と恫喝されました。

 取り調べは深夜2時まで続き、翌日調書にサインと押印の上、ようやく解放されました」

 中国にとって不都合な真実は行政ぐるみで隠すということだ。

※SAPIO2014年9月号

【関連記事】
中国で病死肉横流しも横行 使用期限という概念なしの指摘
中国の公園 案内板に「ミッキーマウスと上海式建築の融合」
中国メディア 尖閣沖の魚を「愛国魚」と名付け新鮮さを主張

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP