ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お家でもネカフェ! 1人用室内アイテム「ぼっちてんと」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
お家でもネカフェ! 1人用室内アイテム「ぼっちてんと」とは?

まるでネットカフェのように、家の中でも完璧なプライベート空間を確保できる! そんな夢のような商品1人用室内アイテム「ぼっちてんと」がネットで話題を集めている。

「ぼっちてんと」は今年5月、アイデア商品を研究・提案するブランド「BIBI LAB」(ビビラボ)から発売された一人用プライベートテント。キャンプなどで使う普通のテントとは異なり、室内用途としての居住性に優れているのが特徴だ。

機能盛りだくさん

機能盛りだくさん

大きさは幅130センチ、高さ160センチ、奥行130センチ。幅120センチ程度の一般的なデスクならすっぽりと収まるサイズとなっている。空気の流れを調整できる換気窓や、ごちゃつく配線を整理できるケーブルホールなど、さまざまなアイデアが盛り込まれている。価格は8000円。

だいたいのデスクが収まるサイズ

だいたいのデスクが収まるサイズ

天井と側面の開閉式ベンチレータで換気もOK

天井と側面の開閉式ベンチレータで換気もOK

配線もすっきり

配線もすっきり

袋から出すとポンッと開くポップアップ式

袋から出すとポンッと開くポップアップ式

完全に自分の部屋状態

完全に自分の部屋状態

さて、あなたならどう使う?

さて、あなたならどう使う?

同商品はネット上で話題を集めたこともあり、「好調な売れ行き」と、企画・販売元のビーズ株式会社の広報担当者。現段階では特に「自宅で仕事をしているマンガ家やライター、デザイナー、イラストレーターなどからのニーズが高い」という。確かに個室で集中して作業をしたい人には良さそうな空間だ。

このほか、サイトでは子どもの秘密基地やウォークインクローゼットといった用途も提案。さまざまな使い道が考えられるだけに、まだまだ進化する可能性を秘めた商品とも言えそうだ。興味のある方は「ぼっちてんと」で自宅テントライフ、始めてみてはいかがだろうか?

(根岸達朗+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
ぼっちてんと
段ボールで防音室!? 話題の簡易防音室「だんぼっち」とは
非日常の世界へ……部屋の中で安物の寝袋を使うメリットは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。