ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校生写真の日本一が決まる!「写真甲子園2014」本戦がついに開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫


高校生による写真の全国大会、その本戦が今年も開幕!21回目の開催となる今回は、全国521校から初戦突破した強豪18校が“写真の町”北海道・東川町に集結した。出場校一覧と、初戦応募作品はこちら(http://syakou.jp/2014/firstround.html)で見ることができる。

「写真甲子園」は、全国の高等学校の写真部・サークルに所属する高校生3人が1組のチームを組み、共同制作による作品(組写真)で競い合うフォトコンテスト。本戦では全校が同一条件のもと、デジタルカメラで撮影を行い、日本一を目指す。

昨年の優勝校「埼玉栄高等学校」や準優勝校「沖縄県立浦添工業高等学校」も本戦に名を連ねる中、初出場8校の活躍にも期待がかかる。8月8日の閉会式で優勝校ほか結果が発表される。

北海道の大雪山国立公園一帯を舞台に4日間の競技撮影が行われ、写真家の立木義浩氏を審査委員長とする5名の審査委員が、作品へのアドバイスをしながら公開で審査を行う。

詳細は、写真甲子園Webサイトにて公開中(http://syakou.jp/2014/honsen.html)。写真文化の未来を担う高校生たちの、みずみずしい感性が光る作品に注目だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP