ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボカロP「ねこぼーろ」が自ら歌うアーティスト『ササノマリイ』としてデビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネットを中心にボカロPとして活動してきた、「ねこぼーろ」が、本人自ら歌唱するアーティスト「ササノマリイ(sasanomaly)」として活動開始することを発表した。

ねこぼーろは、エレクトロニカをベースとしてロック、ヒップホップとの融合など独自の解釈で楽曲を制作し発表してきた偉才の持ち主で、代表曲「戯言スピーカー」、「自傷無色」はニコニコ動画など動画共有サイトにおいて多くのアーティストに取り上げられている。

10月15日にリリースされるササノマリイ名義として初の全国流通作品『シノニムとヒポクリト』に合わせ、本日8月5日にオフィシャルHPがオープン、アルバム収録予定の楽曲「戯言スピーカー」の60個のマッチ箱で描かれたミュージック・ビデオが公開された。

「戯言スピーカー」は、優しげなメロディーに辛辣な歌詞が融合された楽曲で、ボカロ時代とは違う新たなアレンジと共に、マッチ箱を使ったストップモーション、アニメーションと本人がロトスコープにより出演した異色の映像作品となっている。クオリティの高い創作物から、どんなアーティストになのかを想像してみてほしい。(岡本貴之)

・「戯言スピーカー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=fx4rTzmI2b4&list=UUATc47qMk4n-_RJac1Nfp2w
・オフィシャルHP
www.sasanomaly.com

ササノマリイ(sasanomaly)
『シノニムとヒポクリト』
1800円(税抜)
2014年10月15日リリース
全8曲

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP