ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニソン×ハイレゾの魅力に迫る! 8月31日に入門講座開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽を基軸にしたワークショップを展開するオトトイの学校が、アニソンにフィーチャーしたハイレゾ入門講座を8月31日に開催。募集の受付を開始した。

家電量販店に対応機器が並ぶなど、ハイレゾ音源が注目を集めつつある昨今。ハイレゾは今までと何が違って、どう楽しめばいいのか。そんなリスナーの疑問に答える講座が開催される。今回は多くの根強いファンに支えられ、ハイレゾ配信を牽引する「アニソン」をクローズアップ。上質なオーディオ機器をそなえた会場で、雑誌や紙面では語りきれないアニソン×高音質の世界を、存分に体感できる内容になっている。

ナビゲーターは、「アニソンオーディオ vol.1」の監修を行うなど、アニソン楽曲の入口から出口までを徹底的に取材し知り尽くした、オーディオ評論家の岩井喬が担当。第1部では、レコーディング&マスタリングに携わるSMEエンジニアの鈴木浩二と、Suaraや上原れななど多くのアニソン関連のハイレゾ音源をOTOTOYで配信している〈F.I.X. RECORDS〉の有村健一をゲストに迎え、ハイレゾ楽曲はどのように制作されるのか、制作現場の第1線からレポートする。そして第2部では、音楽ファンはハイレゾ音源をどのように楽しめばいいのか、おすすめアイテムや最新機器のあれこれを紹介。講座終了後には、参加者の音の世界が変わること間違いなしだ。(前田将博)

2014年8月31日(日)14:00~17:00

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-11-9
D&M恵比寿リスニングルーム

岩井喬(オーディオ評論家)
1977年・長野県北佐久郡出身。東放学園音響専門学校卒業後、レコーディングスタジオ(アークギャレットスタジオ、サンライズスタジオ)で勤務。その後 大手ゲームメーカーでの勤務を経て音響雑誌での執筆を開始。現在でも自主的な録音作業(主にトランスミュージックのマスタリング)に携わる。プロ・民生 オーディオ、録音・SR、ゲーム・アニメ製作現場の取材も多数。

有村健一(F.I.X. RECORDSディレクター/レコーディング・エンジニア)

鈴木浩二(SMEエンジニア)

事前申し込み : 2,000円(税込み)
当日申し込み : 2,500円(税込み)

http://ototoy.jp/school/event/ info/153/

本企画に関するお問い合わせは、オトトイ株式会社オトトイの学校事務局(school-info@ototoy.jp)まで。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP