ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恵安、10.1インチKitKatタブレット「KPD102R V2」と「KPD102R V2 16G」を国内で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恵安は8月5日、10.1インチAndroidタブレットの新モデル「KPD102R V2」とその16GBモデルとなる「KPD102R V2 16G」を8月1日に発売したと発表しました。KPD102R V2/V2 16Gは、Android 4.4.2(KitKat)を搭載した大画面モデル。厚さは9.7mm、質量は560gと10,1インチタブレットの中では平均的なサイズです。ディスプレイは10.1インチ1,024×600ピクセル(WSVGA)の液晶を搭載。タッチパネルは静電容量式でマルチタッチにも対応しています。プロセッサはAction ATM7021A 1.0GHzデュアルコアを搭載。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB/16GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に200万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。Mini HDMI出力端子もあります。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/nのみ。バッテリー容量は4,000mAh。本体サイズは261mm×164mm× 9.7mm。Source : 恵安(8GBモデル)(16GBモデル


(juggly.cn)記事関連リンク
京セラがサファイアガラス“Kyocera Sapphire Shield”の耐衝撃性テスト動画を公開、画面を下にして落下させてもく割れない頑丈ぶり
「LG G Watch 充電クレードル」がGoogle Playストアで発売されました
コヴィア、Android 4.4を搭載したSIMロックフリースマートフォン「FLEAZ F5」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP