ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガストの「ファミ飲み」 赤ワインとドリンクバーを両方頼む技

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今、ファミリーレストランでお酒を飲む「ファミ飲み」が流行しているという。そんななか、「おいしさと安さ」を追求し、全都道府県に約1350店を展開する『ガスト』は、ハンバークからさばのみそ煮まで、洋食・和食のメニューが幅広く揃う。

 5月からはお酒やおつまみを強化した店舗が約400店に増え、ビール2杯目からの割引を全店で実施中。サイドメニューも充実し、4~5月のお酒の販売数が114%増に。昼間に1~2杯飲む女性も増えているという。

「女性人気の高いワインに合うおつまみの他、枝豆や冷奴などの夏らしいおつまみもあります」(『すかいらーく』マーケティング部・小林大祐さん)

 赤ワインをドリンクバーセットにし、ジュースと割ってサングリア風に楽しむ人も多い。「ファミ飲み」に適したメニューには以下のようなものがある。

【飲み物】
・デカンタ(500ml)ワイン(赤・白)各430円(約170店舗限定)
・麦焼酎(180ml)538円

※上記は+108円でドリンクバーセットにできる。

・グラスワイン(赤・白)各106円
・梅酒ロック(グラス)106円
・ジョッキ 生ビール 484円 (2杯目から430円)

【おつまみ】
・海老とアボカドのバジル醤油430円

※店舗により販売の有無、価格が異なる場合があります。
※22時以降は深夜料金10%が加算されます。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
「飲み」に強いサイゼリヤ ボトルワインは持ち帰りも可能
ファミレスでの「ファミ飲み」 人気の理由と魅力はどこにある?
福岡県民 ファミレスのジョイフルが東京でも多数だと思ってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP