ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読めば選ぶ飲食店が変わる プロが店の見分け方を解説した書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『「外食の裏側」を見抜く プロの全スキル、教えます。』河岸宏和・著/東洋経済新報社/972円

 食品業界を熟知した著者が、外食のタブーに迫る。

 激安の裏には、2、3日前に切ったレタスで作ったサラダ、端肉や内臓肉を結着して作った成型肉や植物性タンパクで水増しした肉、そして味を整える大量の食品添加物があるというのだから驚かされる。

 こうした現実を踏まえ、「店内と店員が清潔」「料理を店の厨房で作っている」など、いい店の見分け方を解説しているので、本書を読めば選ぶ外食店が変わるはずだ。

※女性セブン2014年8月14号

【関連記事】
まっすぐなエビフライ 成形された加工品である可能性もあり
沖縄の男性 米国型食生活たたり平均寿命が全国26位まで低下
放射能の食品基準 “暫定基準”と“暫定”がつく理由とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP