ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大型IPOラッシュが市場に与える影響

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年の下半期から来春にかけて有名銘柄が続々と上場予定

大型IPOラッシュが市場に与える影響

今年の下半期から来春に上場が見込まれる大型IPOが注目を浴びています。銘柄で言えば、LINE、リクルートホールディングス、すかいらーく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの有名銘柄です。報道によれば、上記銘柄で発行総額は6,000億円超にのぼるとみられています(米国との重複上場になるか不詳のLINEを除く)。

IPOマーケットに関しては、アベノミクスの追い風を受け、2013年の上場案件数は54案件と前年の46案件から増加しました。今年は2014年7月までで既に30社が上場し、年間では70案件程度となることが予想されています。

上場後に値崩れが起き、マーケットのセンチメントが悪化?

では、これまでの上場の成績はどうだったのでしょうか?今年、初値が公募価格を下回った銘柄は、全30案件中8案件でした。2013年には、全54案件中1案件しかありませんでした。今年の公募価格の設定が、昨年に比べ割高感があるのは明白です。公募価格と初値の騰落率で言えば、ジャパンディスプレイの−14.6%、トレックス・セミコンダクターの−10.4%、丸和運輸機関の−8.8%が目立ちました。ジャパンディスプレイは、政府系ファンドの産業革新機構が再建・上場させた特殊事例ではありますが、マーケットにショックが走ったことは事実です。

冒頭の大型IPOが今後のマーケットに与える影響として、相反する二つの考え方があります。一つは、一日の平均売買代金が2兆円を割り込んでいる状況で、多額の発行圧力は市況を軟化させるというものです。もう一つは、企業の自社株買いが増加していることから、企業のネット調達額(増資額-自社株買い総額)はマイナスとなっており、供給面での環境は悪くないというものです。

私は、自社株買いという供給面の要因のみだと、既にマーケットに折り込まれ済みであり弱いと思いますが、IPOへの人気が投資家から根強くあることを考えると、この程度の発行規模であれば、需要面から比較的順調に消化されると予想します。そうした需給面よりも気になるのは、公募価格が割高に設定され、上場後に値崩れが起きるケースが増え、マーケットのセンチメント(市場心理)が悪化することです。今年、これまでのように、最近の株価(8月1日終値)が公募価格を下回っている銘柄が、全30案件中12案件にものぼるということのないように願いたいものです。

ちなみに、米国では、中国の電子商取引大手アリババが8月か9月に上場する予定であり、調達額は2兆円規模と言われています。これに匹敵する最近の大型上場の例では、フェイスブックやGMがありますが、いずれも上場前後に米国の株価指数は下落しています。こちらが米国株経由で日本株に及ぼす影響の方が、日本のIPOが日本株に及ぼす影響より大きいかもしれません。

IPO投資にあたって注意すべきこと

最後に、最近のマーケット状況も踏まえてIPO投資にあたって注意すべきことを紹介します。

・IPOのほとんどで、初値が公募価格を上回るものだと思い込まない。
・IPO抽選に漏れた場合(大概漏れるが)、あせって直後のセカンダリーマーケットで無理して買わない。
・初値が公募価格を上回っても、その後、急激に値下がりするなど値動きが激しいケースが多く、いたずらに上値を追わない。
・企業の歴史が浅いことが多く、業績データが少なく株価のヒストリーがないので、必ず目論見書でビジネスモデルや成長ストーリー(定性項目)、B/S、P/L等(定量項目)を読み込む。
・PERやPBRが一般の基準と比べ割高であっても良いが、業種やビジネスが目新しくなく革新的でないものは避ける。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。