ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ねぇ知ってる?”「豆しばカフェ」がルミネ有楽町に期間限定でオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「豆しば」がルミネ有楽町レストランフロアの総料理長に就任!

ルミネ有楽町では8月31日まで、ルミネ1/8Fレストランフロアの「京都石塀小路豆ちゃ」「バルバラ ルミュウ」において“ねぇ知ってる?”でおなじみの人気キャラクター「豆しば」とコラボレーションし、「豆しばカフェ」「ベベヒナカフェ」を開催!

レストランの通常メニューに加えて、期間限定のここでしか食べられない特別メニューを提供!それぞれの店内には、特別な装飾が施された特別シートが用意されている。特別シートでの飲食を希望する場合は整理券制となり、予約は不可。

「豆しばカフェ in 京都石塀小路豆ちゃ」では、板長「豆三郎」が丁寧に吟味した食材と豆で作り上げたメニューを楽しめる。

「豆三郎の豆しば御膳」(税別1980円)はスーベニアのてぬぐい付き。ランチタイムには和茶ビュッフェと選べるおやつ3種がつき、ディナータイムにはソフトドリンク1杯がつく。

数量限定「豆しば庵の抹茶とねりきりセット」(税別1050円)、「豆しば庵のアイス最中」(税別950円)は、いずれもペーパーマット付き。「豆しば庵のきなこと黒蜜の豆乳ラテ」(税別840円)、「豆しば庵の抹茶ラテ」(税別840円)はいずれもコースター付き。

「べべヒナカフェ in バルバラ ルミュウ」では、名門ベベヒナ家に遊びに来た人へ、ベベヒナ家のスペシャルメニューを提供する。

「べべヒナカフェ in バルバラ ルミュウ」のメニュー展開は、プラコップとペーパーマットが付く「王女が愛したオムライス」(税別1780円)と「トマトのロイヤルサラダプレート」(ディナータイムのみ・税別1580円)や、ペーパーマット付きの「プリンセス・マカロン」(税別1200円)、コースター付きの「ロイヤルピンクのアイスティー」(税別840円)となっている。

両カフェとも、かわいいだけでなく味も豆しば総料理長のお墨付き!ぜひ、夏休みの1コマとして、ルミネ有楽町に訪れて「豆しば」の世界観に浸ってみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。