体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ミリタリー魂】第52戦 新宿MMSでの2周年記念イベント『ギンダン戦』に突撃

ミリタリーな話題をマニア目線でお届けしている、鉄砲蔵の「ミリタリー魂」。

最近、珍しいサバゲー場のイベント、無いな~。レポートも4月から間が開いているし、何か参加してレポートしよう。そう考えこれまで取材、レポートしてきたサバゲー場の公式ホームページを閲覧。

その内の一つ、東京都のJR新大久保駅から徒歩10分の場所にある長田屋ビルの地下一階、室内サバイバルゲーム場新宿MMSで珍しいイベントを発見。
開設2周年記念でギンダン銃だけを使用して午前中は的当て競技、午後はお互いに撃ち合うサバイバルゲームのイベントです。

最近、サバイバルゲームはテレビ、ラジオでも取り上げられる事が多くなり、女性の参加者も増えてきました。
しかしながらマスメディアに登場するサバゲーは銃本体だけでも3万円~10万円前後などと豪華な装備が目に付き、「お金がかかりそう。」と、敷居の高い遊びに見ておられる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の新宿MMSでの2周年記念イベント、950円~1400円くらいで売っている「ニューギンダン」というカテゴリーのエアガンのみを使用したサバゲーイベントをご紹介。この日の参加費はなんと千円!格安のイベントとなっております。

【関連:第44戦 東京ド真ん中の新宿で営業するサバゲー場に潜入】

ギンダン銃

この東京マルイ製「ニュー銀ダン」という銃、百円均一や駄菓子屋で売っている銀玉鉄砲同様、引き金を引く力のみを弾の発射パワーとしていますが駄菓子屋銀玉鉄砲は直接バネの張力で弾を押し出す構造であるのに対して「ニュー銀ダン」はバネで空気ポンプを押し、その空気で弾を発射する、空気銃としての本格的な構造を持った銃です。そのため、駄菓子屋の銀玉では3m離れた人間大の的にも確実には命中しないところをニュー銀ダンでは10m先の人間大に8割方命中します。
弾倉一個につき装弾数は18連発。予備の弾倉も用意し、その弾倉を持ち歩くために百円均一でポーチも買いましたが、ここのゲームでは弾倉一個のみ使用可、だそうです。

セーフティー Tシャツ姿の自分

当日の参加者は19人でスタッフ2名もゲームに加わっていたので総勢21人。当日は「銀ダンの発射パワーが弱く当たったことに気づきにくいので重装備禁止、Tシャツで参加」という服装規則だったので、いつもはベトナム戦争時代のアメリカ海兵隊装備で全身を固めている僕も今日だけはTシャツとGパンのみの軽装備です。

フィールド地図

前回、エアーコッキングのみを使用したゲームでもここに参加させていただいたことがありましたが、そのとき身支度スペースのセーフティゾーンは17名でも窮屈な印象でした。しかし今回は19人でも余裕です。みんなが持ち物を減らすとかなり余裕が生まれますね。

フィールドはこのセーフティーから階段を下りた下の階で全長15mほど、写真の地図で一番鋭角の先端部分、外階段が喫煙室です。
一番離れて撃つ場合の距離が大体10mくらいなので今回のニュー銀ダンでも充分楽しめるフィールドとなっております。

外階段が喫煙室 中華料理屋の餃子定食
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy