ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホが命を救った話に「ステマ疑惑」を指摘する声多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

刑事ドラマなどでありがちな、犯人に撃たれた刑事の胸元に、家族の写真が入ったペンダントがあって命拾い…というシーン。そんな光景を彷彿とさせる出来事が実際に発生し、その話題の取り扱いを巡って、台湾のマスコミがちょっとした騒ぎになっている。

去る7月27日、台湾北西部の繁華街で、酔っぱらった客同士が口論になり、至近距離から相手に目がけて発砲するという事件が発生。撃たれた男性は左胸に銃弾を受けたが、たまたま胸に入れていたサムスン製のスマートフォンが銃弾を受けとめたことで、辛くも命拾いをしたという。

しかしその後、こうした報道を受けて、現地ユーザーからは「ステマ疑惑」が囁かれる事態に発展。特に、中国系ユーザーからの反発はかなりのものとなった。

「はい、ステマ ステマ」
「そういうのはドラマの中だけでやってくれ」
「なぜメーカーや型番まで報じる必要があるのか」
「あまりにベタすぎるだろ」
「事件が実際に起きなかったという方に、俺は全財産賭けてもいいぜ」

…と、事件そのものがなかったのでは?という声まで上がる始末。

【動画】http://youtu.be/jh7HmSV81m0

現在のところ、真偽のほどは定かではないが、見ようによっては「あまりに出来すぎている話」だけに、今後も物議を醸しそうな気配だ。

文・杉下薫

【参照リンク】
・[東森新聞]超好運! 胸前手機擋子彈 男撿回一命
http://youtu.be/jh7HmSV81m0 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP