ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い夏こそ食生活に気をつけて!!巷で話題の健康食材レシピまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


あまりの暑さで、例年夏バテ知らずでも体調不良を訴える人が続出している今日この頃。でも、暑いからといって、冷房に頼ってばかりいるとますます身体がだるくなることも…。そんな今の時期こそ、食生活に気を配ってみては?!本日は、現在話題になっている、健康食材&それらを利用したレシピ本・webサイトをまとめてご紹介。

1.「焼きトマト」(microdiet.netレポート)

まずは、「今が旬」のトマトを、より効果的に摂取するレシピを教えてくれるwebサイトをご紹介。生で食べるか、スープや煮込みに使うかぐらいのパターンになりがちなトマトの新しい食べ方=焼きトマト、のレシピが紹介されている。

トマトの赤い色素「リコピン」には、様々な生活習慣病の原因となる活性酸素を消去するはたらき=「抗酸化作用」があるとされているが、そのリコピンは、加熱により吸収されやすくなる。そして脂溶性のため、油脂を一緒に摂ることで吸収率がさらにアップするとか。

生活習慣病が気になるアナタ、すぐにmicrodiet.netレポート(http://microdiet.net/diet/000436.html)をチェックしてみては?!

2.「ココナッツオイル」(宝島社『魔法のココナッツオイルレシピ』)

「ココナッツオイル」とは、ココヤシの成熟した種子の内側にある白い胚乳という部分からとれるオイルのこと。アンチエイジング、美肌、ダイエットなどの美容効果はもちろんのこと、がん、心臓病、脳卒中、アルツハイマー型認知症の予防など健康効果も期待できるため、今最も話題になっている食材だとか。

8月7日に宝島社から発売予定の『魔法のココナッツオイルレシピ』には、日常生活に気軽に取り入れられる「ココナッツオイル」を使った和・洋・中のレシピ67を収録している。

3.「レモン塩」(宝島社『やせる!レモン塩レシピ』)

「レモン塩」は、梅干しのようにレモンを塩に漬けて熟成させたもので、塩麹に次ぐ新しい万能調味料として今年すでに大ブームの食材。1週間で作ることができ、無添加で長期保存も可能。レモンの皮をまるごと食べることで、腸が活性化され、メタボにも効果があるといわれている。

レモン塩の生みの親・井澤由美子によるレシピ本『やせる!レモン塩レシピ』には、「レモン塩」とヘルシー食材を組み合わせた、低カロリーな61レシピが紹介されている。こちらも8月7日、宝島社より発売予定。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP