ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カメルーンで受け継がれるニシキヘビ漁がやばすぎワロタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アフリカのカメルーンには自らの足を布でぐるぐる巻きにし、それを餌に見立てて巨大ニシキヘビの棲む穴に足を挿入、ヘビが食いつくのをじっと待つというニシキヘビ漁が存在する。
右足を穴の中に入れじっと待つ。緊張感からか額には汗がにじむ。
すると獲物がヒットしたのか男が合図を送る。そこから数人で男を引き上げると、数メートルはあろうかという大蛇が食らいついている。
古来よりこの地方に伝わるヘビ狩り、今も脈々と受け継がれているのだという。 

山岸

【Nicheee!編集部のイチオシ】
戦慄!15000匹の食用ウシガエルを養殖している施設!
発想が光る!ニコ動「下コメ」の魅力
なぜかあまり浸透していない「Hulu」というサービス

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP