ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

放送前から異論だらけアニメ寄生獣

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年10月から日本テレビ系で放送されるアニメ『寄生獣 セイの格率』のキービジュアルと声優キャストが発表され、ネット上で物議を醸している。

【画像や図表を見る】

『寄生獣』は、1988年から1995年にかけて『モーニングオープン増刊』および、『アフタヌーン』(ともに講談社)で連載されていた岩明 均による大人気コミック。空から飛来した謎の生命体に、右手に寄生された平凡な高校生・泉新一の数奇な運命を描く物語で、2014年11月と2015年に実写版映画2部作の公開も決まっている。

『寄生獣 セイの格率』はシリーズ初のアニメ化作品となるが、キービジュアルを見る限り、原作からいくつか変更点があるようだ。なかでも特に大きいのは、原作ではメガネをかけていなかった主人公の新一が“メガネ男子”になっている点。これについてツイッターでは、

「寄生獣のアニメなんなん…め、メガネ…え?」
「最近最もショックだったのは、アニメ『寄生獣』の物凄いビジュアルの違い…シンイチがメガネって!?」
「そういや寄生獣のアニメ設定画見たんだけどあの新一すげえムカつくんだけど なんでメガネかけてんの?(笑)漫画のままだと思ってたからなんか違う(笑)ムカつく」

など、困惑するネットユーザーも多かった。

そして、もうひとつ議論の的となっているのが、新一の右手に寄生する生命体“ミギー”の声を平野 綾が担当する点だ。原作ではミギーについて性別の設定はなかったが、どうやら“ミギー=男性”というイメージを持っていた読者が多かったようで、ツイッターには、

「ミギーの声優が平野綾ってのにはブチ切れそうだけど、平野綾ちゃんはかわいいから……難しい問題ですね……(グズ)」
「寄生獣 アニメのミギーの声 平野綾なのか 低い声だと思ってた」
「役者どうこう以前にミギーの声に女を配役する時点でスタッフわかってなさ過ぎだろ。ありえへんわ」
「まあミギーの声優が平野綾っつうのは驚いたわな。珍獣系ボイスにするんだろうか?女性声優はありえねえって」

と、このキャスティングに異議を唱える意見が多く寄せられていた。

放送前から、話題を振りまいているアニメ版『寄生獣』。とにかく、どんな新一が描かれるのか、そして、平野 綾はどんなミギーを演じるのか、注目される。
(R25編集部)

放送前から異論だらけアニメ寄生獣はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
重い『アフタヌーン』電子化喜ぶ声
ジョジョ実写化の噂に「やめて」
米国版は「ピザえもん」にすべき?
パトレイバー実写化 剛力が登場?
実写版「永沢君」キャストに大反響

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP