ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビリギャル母が語る親の役割「子供の無事褒めることが大切」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 佐世保の女子生徒殺害事件などもあり、「教育」に世間の関心が高まっている。いったいどのように子供を育てていけばいいのか。坪田信貴さんのベストセラー本『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公・さやかさんの母親、美子さん(仮名。49才)が親の役割について語ってくれた。

 * * *
 ちょうど子供の下校時間に、学校から「今、学校付近で刃物を振り回している男がいるという情報があります」というメールが来たら、子供のことが心配になりますよね。無事帰ってきたら、ほっとしますよね。そうやって、子供が“いてくれている”ことを褒めることこそが、親の役割ではないでしょうか。

 これは塾講師の坪田信貴先生が仰っていたのですが、多くの親は、DoingやHavingで褒めるそうです。例えば、お風呂を掃除したら(=Do)褒める、テストで100点取ったら(=Have)褒める。ここまでは誰でも褒めるんです。でも、無事、家に帰ってきてそこにいてくれる(=Be)こと、「ただいま」と言ってくれることに対して褒める人は少ないんだそうです。

 でも、HavingもDoingも褒める必要はなくて、とにかくBeingを褒めればいいんです。私は自分が本当にダメな人間だと思っていたので、ちょっとしたことでも、心からそれができていた(笑い)。

 娘は学校の成績がビリだった時、先生に「お前は人間のクズだ」と言われたことがあるんです。でも私は「ビリだからそれがどうしたの?」と思いました。実際には、娘は素晴らしいのだから、成績がビリだなんてどうってことない、そのままでいればいいという話をしたことがあります。

 本当に素晴らしい子だとずっと思ってましたし、「髪の毛を金髪に染めて、不良だよね」という人には、「いやいや、不良ではないよ」と言ってきました。娘が私に黙っていたのはたばこのただ一度だけ。ずっとコミュニケーションも取れてきましたから。

※女性セブン2014年8月14号

【関連記事】
たけし TVは「叩くと決まれば、完膚無きまでに叩きまくる」
今年20代女性3人と関係した62歳「女の子はとにかく褒めよ」
ビキニ姿で部屋中を散らかしまくる美少女 掃除はどうする?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP