ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップル、音楽サービスiTunes Radioの責任者にBeats MusicのCEOイアン・ロジャースを任命

DATE:
  • ガジェット通信を≫
アップル、音楽サービスiTunes Radioの責任者にBeats MusicのCEOイアン・ロジャースを任命

posted by Jay Kogami

アップル、音楽サービスiTunes Radioの責任者にBeats MusicのCEOイアン・ロジャースを任命

ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、定額制音楽サービスBeats Musicを指揮するイアン・ロジャース(Ian Rogers)が、今後アップルの音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」事業の指揮を取る模様です。

アップルは、5月にBeats Musicおよび高級ヘッドフォンブランド「Beats by Dre」を運営するオーディオメーカーBeats Electronicsを買収した後、アップルにBeats事業を組み込むための組織改変を行なってきました。

アップルはロジャースが音楽ストリーミング事業を統括することで、今後Beats MusicとiTunes Radioのコラボレーションを進めていく狙いです。これまでiTunes Radioは、iTunes開発者の1人でアップルのコンシューマー・アプリケーション担当副社長ジェフ・ロビン(Jeff Robin)率いるチームが統括してきました。

iTunes Radioは2013年9月にローンチした、iPhoneやiPadから無料で利用できる広告モデルの音楽ストリーミングサービスで、現在は米国とオーストラリアでサービスを展開しています。一方Beats Musicは、Beatsが2年以上の歳月をかけて開発し、2014年1月に正式ローンチした、月額定額制の音楽ストリーミングサービスです。SpotifyやRdio、Pandoraと競合する新興サービスのBeats Musicは、月10ドルを支払うことで、オンデマンドの音楽視聴や、パーソナライズド・ラジオがiOSやAndroid、PCやMacからアクセスすることができます。

(左から) Will.i.am、Beats Electronics社長ルーク・ウッド、ロジャース、Beats Electronics共同創業者ドクター・ドレー
img via Getty Images

元Yahoo!の音楽事業担当副社長やアーティスト向けサービスTopspinのCEOを務めてきたロジャースは、BeatsのTopspin買収に伴い移籍、その後Beats Musicの責任者に就任しました。

アップルはBeats買収に伴い、人事や経理、サポートサービスなどアップルと重複するポジションにいる200人程のBeats従業員を別のポジションへ移動させるレポートされています。大半のBeats Musicの従業員は、アップルのインターネット・ソフトウェア・サービス担当上級副社長エディー・キューのチームに合流します。オーディオ機器のBeats Electronicsの従業員は、マーケティング担当上級副社長フィル・シラーへとレポートします。

Beats Electronicsの共同創業者で、音楽プロデューサーのジミー・アイオヴィンや、クリエイティヴ・オフィサーを務めるナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーの役職はいまだ不明です。

■記事元http://jaykogami.com/2014/08/8602.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。