ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeの製品マネジメントディレクターが退職、新天地Spotifyへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

人材流出が相次ぐYouTubeから製品開発担当幹部が退職、新天地はなんとSpotify!

先日グーグルの幹部が、急成長中の定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyの取締役に参加したことが明らかになったばかりですが、ここにきてグーグルから音楽事業担当者の離脱が相次いでいます。

YouTubeの製品マネジメントディレクターShiva Rajaramanがグーグルを退社することが明らかになりました。転職先は、なんと音楽事業でライバルとなるSpotifyです。彼の業務の1つには、Spotifyのライバルとなると長い間噂されながらローンチ出来ずにいる、定額制音楽ストリーミングサービスの開発があります。彼の離脱は、音楽ストリーミング事業に参入したいYouTubeとグーグルにとって大きな衝撃です。

RajaramanはYouTubeでは、音楽事業を含むYouTubeの製品開発を指揮してきました。Rajaramanの転職の理由は、YouTubeが定額制音楽サービスをローンチすることに手間取っていることが原因があると考えられます。

7月にはYouTubeで定額制音楽サービス事業に携わっていた製品マネージャー、クリス・ラローサがグーグルを退職し、スタートアップに参画することが発表されました。ラローサはYouTubeではRajaramanにレポートしていました。

また6月にグーグルを退職した元YouTubeの製品担当副社長Shishir Mehrotraは7月からSpotifyのCEOダニエル・エクの特別アドバイザーとしてSpotifyの経営に参加しています。

YouTubeの定額制音楽サービスは今秋にローンチが後ろ倒しになったと言われています。定額制音楽ストリーミングサービスの領域はSpotifyだけでなく、アップルが買収したBeats Music、アマゾンのPrime Music、その他にもRdioやDeezer、Rhapsody/ナップスターなどがそれぞれ機能の強化や海外展開、パートナー連携を強め、競争は激化しています。もしかすると、これまでシリコンバレーで繰り広げられてきたグーグルやFacebook、アップルらによる人材争奪のように、グーグルとSpotifyでも人材争奪戦が今後起こるかもしれません。

【関連記事】
グーグルCOOが定額制音楽サービスSpotifyの取締役に就任、元YouTube製品担当VPも経営に参画

■記事元http://jaykogami.com/2014/08/8632.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP