ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバーとオーランド・ブルームの喧嘩にレオナルド・ディカプリオが参戦?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャスティン・ビーバー(20歳)とオーランド・ブルーム(37歳)の喧嘩があったのは火曜日(7月29日)の深夜のスペイン・イビザ島。欧米のメディアが伝えている。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

事件が起きたのはイビザ島のレストラン「シピアーニ」。オーランド・ブルームと一緒にいた元妻ミランダ・カーにジャスティン・ビーバーが暴言を吐き、オーランド・ブルームがジャスティン・ビーバーを殴ったという。オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」の代表作がある人気俳優。同じ大きなテーブルにいたのがレオナルド・ディカプリオ。喧嘩の前にジャスティン・ビーバーはディカプリオに近づいたが無視されという。今年のカンヌ国際映画祭でもジャスティン・ビーバーはディカプリオに無視された事があるそうだ。無視したディカプリオは当然ブルーム・サイドだ。

イビザ島は世界遺産に指定されていて、街には多くのクラブがある為、夏には多数のヨーロッパの観光客が訪れる。特に若者にとっては「ダンス・ミュージックの聖地」。世界中から有名DJが集まる。セレブと言われる人達が集まりだしたのは2000年に入ってからだろう。以前は金のない若者ダンス音楽好き旅行者が大半を占めていた。

余談だが若手女優兼歌手アリアナ・グランデはAP通信に、「ジャスティン・ビーバーとのデュエットは完成していない。オクラになるわけでない。2人とも忙しすぎて」と答えた。しかし関係者はイギー・アゼリアをフィーチャリングしたシングル「プロブレム」がビルボード・シングル・チャートの最高位2位になった。イギー・アゼリアは今最も勢いのある女性ラッパー。ジャスティン・ビーバーとのデュエットが今風じゃないと考えたとしても不思議ではない。

しかし今や、ジャスティン・ビーバーはすっかりヒール(悪役)が定着した。少女相手のビジネスだから、ダメージは小さくないだろうに。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP