ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「枚数重視派」?それとも「感覚的なスッキリ派」?「つり銭読み」について議論白熱

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「枚数重視派」?それとも「感覚的なスッキリ派」?「つり銭読み」について議論白熱
我々が買い物する際に、かなりの頻度で受け取ることになるつり銭。しかし、このつり銭の受け取り方を巡って、ある議論が巻き起こっている。

『店員「2058円です」俺「2110円」店員「???」俺「プッwww」』というスレッドで挙げられているのは、「2058 円」の会計に対して、「2110円」を出すという、「枚数重視派」の方法論。こうすることで、つり銭として戻ってくるのは、最少で「50円硬貨1枚と1円硬貨2枚」の都合3枚となるため、「小銭が増えなくていい」という考え方である様子。

これに対し、もう1つの考え方として、しばしばネット上で登場するのが、3008円のように端数分を出すという、「感覚的なスッキリ派」やり方。これだと、最少で「500円硬貨1枚と100円硬貨4枚」の計9枚になってしまうが、本能的に「すっきりする」と感じやすいようだ。

実はこの手のやりとりに関しては、これまでも発言小町の『630円のお会計に1200円の買い物』というトピで話題となったことがあり、その際は500円硬貨が欲しかったという「枚数重視派」のスレ主に対し て、「感覚的なスッキリ派」からのバッシングが相次ぎ、スレ主の人格批評にまで発展した。

あくまで日常的な慣習の話であり、どちらか一方が正解で、他方が不正解という話ではないが、やはり、日々の暮らしと密接に関わる内容だけに、誰しもこの手のネタには一家言あるようだ。

文・島田克彦

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。