ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

設定温度は28度! エアコンの効率的な使い方とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
設定温度は28度! エアコンの効率的な使い方とは?

仕事が終わって帰宅すると、部屋の中が蒸し風呂状態! 大急ぎでエアコンの電源を入れたものの、なかなか涼しくならずに汗がジワジワ……。この時期、そんな毎日を送ってはいないだろうか?

夏の間、エアコンの電気代は侮れない。電気代の節約のためにも、効率的なエアコンの使い方をあらためてチェックしておこう。

エアコンの電源を入れる前に室内換気を

日中の間、温められた室内で、いきなりエアコンの電源を入れるのはNG。帰宅したら、まずは窓を開けて温まった空気を外に逃がすようにしよう。扇風機やサーキュレーターを窓の外に向けると、より効果的に換気ができる。

理想的なエアコンの設定温度は「28度」

エアコンの温度を1度上げるだけで、約10パーセントの節電に繋がる。その日の気温にもよるが、扇風機やサーキュレーターを併用すれば、28度で部屋は十分、涼しくなるのだ。ちなみに、エアコンを27度に設定にした場合と、28度+扇風機の場合だと、後者の方が消費電力を抑えられる。

最初は強風で部屋を冷やす

短時間で室内を冷やすために、最初は強風にすると効率的。部屋が十分に冷えた後は、微風か弱風に調整しよう。「自動設定」にしておけば、このような運転をしてくれるので問題ないだろう。また、一度電源を入れたら、小刻みにオン・オフをしないほうが電気代の節約に繋がる。

風向きは上に向ける

冷たい空気は下に流れる性質があるため、風向きは上向きがベスト。それでも床面に溜まりやすい冷気を循環させるには、サーキュレーターを使うと良いだろう。扇風機でも可能だが、より床の近くに置けるサーキュレーターが理想的。

エアコンの吹き出し口の下に家具を置かない

エアコンの吹き出し口の下に、背の高い家具などがあると、せっかくの冷気が遮断されてしまう。いま一度、家具の配置をチェックしよう。

複数の部屋を一台で冷やすなら扇風機を併用

各部屋にエアコンがない場合は、エアコンが稼働している部屋の扉を開け、扇風機を部屋の外に向けて置こう。そうすることで冷気が他の部屋に送り出され、効率的に各部屋を冷やすことができるのだ。

室外機の置き場に注意

見逃しがちなのが、室外機の設置場所。冷房は室内に冷気を出すように見えるが、実は室内の空気から熱を奪い、冷媒と室外機を通して室外へ熱を放出している。室外機は加熱を防ぐ必要があるため、直射日光の当たらない日陰に置くのが望ましい。難しい場合は、すだれや植栽を置いたり、室外機専用の日よけパネルを設置したりなどして、日光を遮ろう。これだけで5~10パーセントの節電効果があるそうだ。この際、吹き出し口付近を閉じてしまわないよう注意しよう。

エアコンの使い方をちょっと見直すだけで、快適に部屋を冷やすことができ、節電・節約にも繋がる。紹介したテクニック、さっそく今日から実践してみる?

(波多野友子+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
もう食材を無駄にしない! 達人に聞いた冷蔵庫の収納術
部屋の中で悪臭が……! どう対処するのが正解?
4Kテレビの試験放送がスタート! そもそも「4K」ってなに?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。